2019年05月16日 05時00分 公開
特集/連載

AWS、Microsoft、Googleの「ハイブリッドクラウド」戦略は何が違うのか?AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド戦略【後編】

ハイブリッドクラウド市場は今後、どのように動くのか。AWS、Microsoft、Googleの主要クラウドベンダー3社の戦略は。調査会社の話を基に整理する。

[Alan R. Earls,TechTarget]
画像

 前編「AWS、Microsoft、Googleの『ハイブリッドクラウド』製品をざっくり理解する」では、クラウドサービスの大手ベンダーAmazon Web Service(AWS)、Microsoft、Googleが手掛けるハイブリッドクラウド関連の製品/サービスを取り上げた。後編ではハイブリッドクラウド分野における今後の潮流と、それに対する各社の方針を説明する。

ハイブリッドクラウド分野の2つの流れ

 調査会社IDCでアナリストを務めるディーパック・モーハン氏は、大手クラウドベンダー3社は同じような思想を共有していると考えている。ただしハイブリッドクラウドのインフラ構成については、2つの明確に異なるモデルがあることも強調する。一つは「次世代」のハイブリッドクラウドモデルで、クラウドでの利用を前提として設計されたクラウドネイティブのワークロード(システム)もオンプレミスに配置する構成。もう一つはクラウドネイティブのワークロードはパブリッククラウドに残す「従来型」ハイブリッドクラウドモデルだ。

 一方でユーザー企業は、一部のレガシーなワークロードをパブリッククラウドに移行し、一部はオンプレミスに残す仕組みを求める。この点から見ると、AWS、Google、Microsoftの3社はそれぞれアプローチが異なる。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...

news021.jpg

「半沢直樹」視聴者におけるTwitter利用実態 多く使われた絵文字3位に「土下座」――Twitter Japanと電通調査
Twitter Japanなどがテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)を題材に実施した「テレビを観な...