2019年03月12日 05時00分 公開
特集/連載

企業はいつ判断すべきか「AWS Outposts」はクラウドとオンプレミスの境界を曖昧にする 成功条件は?

AWSは、AWSのクラウドインフラと同等のシステムをオンプレミスに持ち込むサービス「AWS Outposts」を提供予定だ。このハイブリッドクラウドサービスが、自社のニーズに合うかどうか確認する方法を解説する。

[Alan R. Earls,TechTarget]
photo

 Amazon Web Services(AWS)のオンプレミスサービス「AWS Outposts」の詳細は明らかでないにもかかわらず、大きな注目を集めている。ただしこのサービスの導入を検討するのは時期尚早だ。

 AWS Outpostsでは、ハードウェアとソフトウェアのマネージドスタックを顧客のデータセンター内に設置する。ただし管理はAWSがする。同サービスを利用できるのは2019年末以降で、最初は機能が限定的だ。しかし注目は既に高まっている。この事実は、IT環境がハイブリッドクラウドに移っていること、そして企業のアプリケーションの構築方法と導入方法が変わっていることを浮き彫りにしている。

 「AWS Outpostsの登場は、クラウドコンピューティングの考え方が安価なサービスとストレージを備えた単なるデータセンターの1つから、ツールやサービスを完備した本当のコロケーション施設に変化していることを示す証しでもある」と話すのは、Forresterでアナリストを務めるデイブ・バルトレッティ氏だ。

AWS Outpostsを使うメリットとは

 Enterprise Strategy Groupでアナリストを務めるエドウィン・ユン氏は「AWS Outpostsは、自社のデータセンター内でもパブリッククラウドを利用したいと考える企業向けの、クラウドダウン型モデルを表している」と言う。クラウドダウン型モデルは、パブリッククラウドを既存のオンプレミスアーキテクチャの延長または補完として利用する、クラウドアップ型のアプローチとは対照を成す。

 「AWS Outpostsでは、AWSで作業しているかのようにワークロードを運用できる。他のクラウドサービスを利用したければ、ネットワーク経由でアクセスするだけだ」(ユン氏)

ITmedia マーケティング新着記事

news009.jpg

Google「Pixel 3a」(SIMフリー版)をメルマガ購読者に差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

news100.jpg

ファンケル、PLAZA、QVC 小売業が自社アプリを持つべき理由とは?
2019年5月15日に開催された「アプリの虎 Vol.4 〜有名企業のアプリ活用最前線〜」におい...

news016.jpg

先進的なCMOを擁する企業は他社より11%高い株主利益を創出――アクセンチュア調査
アクセンチュアは日本を含む世界の大企業のCMOとCEOを対象にした調査を実施しました。