Zoomなどの「Web会議ライセンス不足」問題が在宅勤務で顕在化 解決策は?新型コロナが招く「ライセンス」問題と対処法【前編】

新型コロナウイルス感染症の対策で在宅勤務が広がる中、需要が高まっている「Web会議」。想定外のユーザー数急増で直面しがちなのがライセンスの問題だ。どう対処すべきなのか。

2020年05月13日 05時00分 公開
[Colm WarnerTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、組織の間でテレワークを導入する動きが広がっている。だが一部の組織は、テレワーク実施のために社内で必要となるソフトウェアライセンスの増加に対処できていない。ライセンスを追加購入すれば解決する話だが、経済的に不安定な時期に計画外の出費が発生することは望ましくない。しかしこうした出費を避けられない場合もある。

Web会議ライセンスの不足

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。