2020年05月13日 05時00分 公開
特集/連載

年代物のレガシーサーバを放置してはいけない“これだけの問題” レガシーハードウェアの運用ノウハウ【前編】

企業が古くなったハードウェアを維持する理由はさまざまだ。安全かつ効率的に運用したいのであれば、古いハードウェアの維持によって生じる問題を知っておくことが欠かせない。どのような問題があるのか。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

サーバ | ストレージ


 世代の古くなったハードウェア(レガシーハードウェア)のメンテナンスは、IT管理者の悩みの種だ。最新世代のハードウェアのみを保有するのが理想だが、予算や運用管理の都合から新旧のハードウェアが混在する状態で運用している企業は少なくない。

 レガシーハードウェアの運用を維持することは可能だが、幾つか考慮すべき点もある。例えばレガシーハードウェアのコンポーネントには取り換えできない情報が保管されている可能性がある。オンプレミスのデータセンターでハードウェアのアップグレードを実施したり、セキュリティを強化したりするには、コストがかかり過ぎる懸念もある。

 適切なメンテナンスやサポートの方法を採用すれば、管理者はハードウェアの構成を成熟させつつ、簡単に運用管理を実施できる。

レガシーサーバはなぜ厄介か

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

news144.jpg

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

news066.jpg

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...