2020年05月13日 05時00分 公開
特集/連載

年代物のレガシーサーバを放置してはいけない“これだけの問題” レガシーハードウェアの運用ノウハウ【前編】

企業が古くなったハードウェアを維持する理由はさまざまだ。安全かつ効率的に運用したいのであれば、古いハードウェアの維持によって生じる問題を知っておくことが欠かせない。どのような問題があるのか。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

サーバ | ストレージ


 世代の古くなったハードウェア(レガシーハードウェア)のメンテナンスは、IT管理者の悩みの種だ。最新世代のハードウェアのみを保有するのが理想だが、予算や運用管理の都合から新旧のハードウェアが混在する状態で運用している企業は少なくない。

 レガシーハードウェアの運用を維持することは可能だが、幾つか考慮すべき点もある。例えばレガシーハードウェアのコンポーネントには取り換えできない情報が保管されている可能性がある。オンプレミスのデータセンターでハードウェアのアップグレードを実施したり、セキュリティを強化したりするには、コストがかかり過ぎる懸念もある。

 適切なメンテナンスやサポートの方法を採用すれば、管理者はハードウェアの構成を成熟させつつ、簡単に運用管理を実施できる。

レガシーサーバはなぜ厄介か

ITmedia マーケティング新着記事

news146.jpg

オンライン商談システム市場 2020年度は前年度比倍増――ITR調査
コロナ禍によるオンライン商談需要の急増で市場が急拡大。訪問営業減少の影響が鮮明に表...

news026.jpg

ティム・クック氏の給与明細 時価総額3兆ドル企業のCEOは平均的Apple社員の1447倍稼ぐ
巨大りんごと姫りんご? 「Apple to Apple」とは言えない格差がさらに拡大中。

news093.jpg

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...