2020年05月12日 05時00分 公開
特集/連載

「5G」「RPA」「AI」はなぜ危険なのか? リスクが生まれる原因を解説新たな技術と新たな脅威【中編】

企業が新たな技術を導入すると、それに応じて攻撃の接点も増加することになる。「5G」「RPA」「AI」といった新興技術はどのようなセキュリティリスクをもたらすのか

[David Petersson,TechTarget]

 さまざまな技術が発達し、ビジネスやわれわれの生活を変えている。だが、そうした技術が新手のサイバー攻撃の温床にもなり得ることに注意しなければならない。最新技術を導入する場合、どのような攻撃に注意し、どう対策すればよいのかを見ていこう。

5G

 「5G」(第5世代移動体通信システム)は従来よりもはるかに短い波長の電波を利用する。「この点が、5Gにおける最大のサイバーセキュリティ脅威の発生源になる」と警告するのは、VPN(仮想プライベートネットワーク)に関するレビューサイト「VPNRanks」のサイバーセキュリティ編集者であるアブダル・レーマン氏だ。攻撃者は、標的の職場や自宅近くに偽の通信基地局を設置することで、標的が使っているデバイスについてのさまざまな情報を入手できる。具体的には位置情報、デバイスの機種、OSなどだ。同氏はこうしたリスクを軽減するために、強力な暗号化の利用を推奨する。

AI

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。

news058.jpg

旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅう...