2019年11月11日 05時00分 公開
特集/連載

「5G」導入が“致命傷”になる? 高まるセキュリティリスクと対策期待の裏で高まる危険

5Gはそのメリットばかりが注目されがちだが、実はセキュリティの観点で注意すべき点が少なくない。利用する際は具体的にどのようなリスクに対処すればいいのだろうか。

[Ashwin Krishnan,TechTarget]
画像

 5G(第5世代移動体通信システム)のセキュリティについて、世界中のネットワークベンダーや通信事業者(キャリア)、政府が懸念している。5Gのセキュリティリスクを懸念すべきはこうした企業や組織に限らない。ビジネスで5Gを利用するユーザーも、セキュリティやプライバシーの観点で5Gがどのような意味を持つのか理解しておくのが賢明だ。

 5Gには導入に値する明確な利点がある。ブロードバンドサービスの通信速度が高速化し、大容量のデータ通信が実現し、データ通信の信頼性が向上する。こうしたメリットは、ユーザーにとっても企業にとっても分かりやすいものだ。これに対し、5Gがセキュリティやプライバシーの点でどのような影響を持つのかについては、5Gの利点ほど明確ではない。ただし理解可能なことだ。

 以下で、5Gを安全に利用する上で考慮に入れるべき3つのポイントを解説する。

考慮点1.サプライチェーン

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...