2019年06月14日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない 全てを疑う「ゼロトラスト」セキュリティ入門考え方から実装方法まで

「ゼロトラスト」モデルのセキュリティとは何か。部外者だけでなく全ての人のアクセスを厳密に制限するこの手法について、設計の背景にある基本的な概念と、実装に必要なテクノロジーを説明する。

[Jessica Scarpati,TechTarget]
画像

 企業の情報セキュリティでは長年にわたって、境界をより広く、より強固に、より弾力的にすることによって、悪意のある行為からIT環境を保護できるという「境界保護」が原則だとされてきた。これは「城を堀によって守る」モデルを想起させる。「内部トラフィックは無条件に信頼できる」という前提が過去のものとなってしまった現在では、これは皮肉な例え話となっている。

 「ゼロトラスト」モデルのセキュリティとは、ファイアウォールの内外にかかわらず、全てのエンドユーザー、デバイス、トランザクションが危険にさらされているという想定に基づいたセキュリティモデルだ。この考え方は、ネットワークセキュリティの新しい戦略を推進する。

ゼロトラストとは「決して信頼しないこと」

 ゼロトラストは技術でも製品でもない。ネットワークセキュリティに対する戦略的なアーキテクチャ面からのアプローチを指す言葉だ。

 後に調査会社Forrester Researchの主席アナリストとなったジョン・キンダーバグ氏は、2010年にゼロトラストモデルのセキュリティをこう定義した。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...