いまいち分かりにくい「ゼロトラストセキュリティ」をあらためて理解する「誰も何も信用しない」からいったん離れる

「ゼロトラストセキュリティ」は、字面通りに解釈すると頭を抱えてしまいそうなセキュリティモデルだが、その背景にある基礎を理解すれば、やるべきことは自ずと見えてくる。

2019年05月09日 05時00分 公開
[Johna Till JohnsonTechTarget]
画像

 これまでに一度くらいは「ゼロトラストセキュリティ」という言葉を耳にしたことがあるだろう。だが、その導入方法は理解し切れていないかもしれない。分かりにくさの原因はその名前にも由来する。「ゼロトラスト」という響きは良いが、全く何も信頼しないという考え方を実践するのは事実上不可能だ。システム、ユーザー、デバイス、アプリケーション、プロセスを一切信頼しなければ、企業は機能不全に陥る。

 もっと正確な名前にするなら、ややぎこちないが「非常に細かい単位に分かれた信頼」となるだろう。つまりゼロトラストセキュリティの背後にある考え方とは実際のところ、信頼を細かい単位に分けて管理することにある。例えば、デバイスXとデバイスY間の一部のセッションは許可するとしても、全てのセッションを信頼するわけではない、という具合だ。

 この「非常に細かい単位」と「信頼を分ける」という2つの考え方が、ゼロトラストセキュリティの2つの根幹を成す。ゼロトラストセキュリティには、システムとデータに対する深い知識が求められる。IT部門はこうした知識を利用して、あらゆる場所のシステム、プロセス、アプリケーション、ユーザーの周囲に意味のある境界を設定できる。

想像以上に影響範囲が広いゼロトラストセキュリティ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...