2018年12月21日 05時00分 公開
特集/連載

何も信用しない「ゼロトラスト」ネットワークとは?どのような認証方法を採用すべきか

ゼロトラストネットワークでは、全てのデバイスのセキュリティが侵害されていて信頼できないものと見なす。セキュリティ確保のためには可変要素を用いた認証が欠かせない。

[Matthew Pascucci,TechTarget]
画像

 ネットワークの進化によってさまざま場所に接続できるようになったが、同時に攻撃者に狙われやすくもなった。

 モバイルデバイスやクラウドの利用が広がったことで、ネットワークはこれらに適応して進化し、その境界が消滅しつつある。とはいえネットワークはいまだ、ゾーン(アクセスする領域に基づいてインタフェースをグループ化した区分け)に基づいて構築されている。社内LAN内にあるシステムが社内LANの外側にあるシステムよりも安全だと一般に想定されているのは、このゾーンによるものだ。現状のネットワークは、物理的または論理的に区分けし、さまざまなセキュリティレベルが設定されている。しかし長期的に見るとこれも機能しなくなることが分かってきた。

 現状は、従来通り「チョークポイント」(ネットワーク間の接点)を使用して、ユーザーが用いるデバイスやネットワーク機器でフィルタリングをかけ、異なるゾーン間のトラフィックを監視している。だが、ゾーンを追加する必要が生じると、こうした方法は必ずしも効率的、安全、スケーラブルとはいえなくなる。セグメンテーションは現在の情報セキュリティにおける基本理念として採用されているが、「ゼロトラスト」のアーキテクチャにおいては、セグメンテーションやポリシー適用の方法に関する考え方が異なる。

「ゼロトラスト」の考え方と必要な認証方法

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...