2018年12月19日 09時00分 公開
特集/連載

攻撃対象の増加が懸念IoTとAIが弱点を生む シマンテックの2019年サイバーセキュリティ予測

シマンテックは、2019年のサイバーセキュリティに関する予測を発表した。IoTや5Gなどネットワークの発展に伴う攻撃対象の増加や、攻防双方のAI技術活用の進展が骨子だ。

[大久保 心織,TechTargetジャパン]
画像

 シマンテックは2018年12月12日、2019年のサイバーセキュリティに関する予測について説明した。米Symantecの太平洋地域および日本担当CTO(最高技術責任者)であるニック・サビデス氏が、ネットワークの発達に伴う攻撃対象機器の増加など、注目すべき傾向や分野を挙げた。

発展するネットワークの裏側

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

中高生のロールモデル消費 マスメディアより友人の話が情報源――大広・日本インフォメーション調査
ポストゆとり世代・ポストミレニアル世代である15〜18歳の中高生を対象に、多様化する価...

news142.jpg

「スタディサプリ」「メチャカリ」「BASE FOOD」「THEO」 サブスク型ビジネスにおける広告戦略
サブスクリプションビジネスにおける広告戦略や新規顧客獲得について注目サービスを展開...

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。