2018年12月19日 09時00分 公開
特集/連載

攻撃対象の増加が懸念IoTとAIが弱点を生む シマンテックの2019年サイバーセキュリティ予測

シマンテックは、2019年のサイバーセキュリティに関する予測を発表した。IoTや5Gなどネットワークの発展に伴う攻撃対象の増加や、攻防双方のAI技術活用の進展が骨子だ。

[大久保 心織,TechTargetジャパン]
画像

 シマンテックは2018年12月12日、2019年のサイバーセキュリティに関する予測について説明した。米Symantecの太平洋地域および日本担当CTO(最高技術責任者)であるニック・サビデス氏が、ネットワークの発達に伴う攻撃対象機器の増加など、注目すべき傾向や分野を挙げた。

発展するネットワークの裏側

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

「市ケ谷」「千駄ケ谷」「阿佐ケ谷」 謎のポスターの認知率は約6割――LINE調査
2019年6月にJR中央線の幾つかの駅で掲示された不思議なポスターの認知率を調査した結果。

news028.jpg

SAPが80億ドルで買収したQualtrics、メルカリも活用するXM(Experience Management)とは
2019年1月、SAPはアンケート調査ツールを提供するQualtricsを80億ドルで買収した。「SAP ...

news149.jpg

シャノンが日本郵政グループのJPメディアダイレクトと連携、DM×MA施策を共同提供
DMの自動印刷・発送機能とMAサービスの連携および共同マーケティング活動を開始。