2020年05月13日 05時00分 公開
特集/連載

「データカタログツール」とは? 主要機能とベンダーを紹介「データカタログ」とは何か【後編】

データ分析担当者は、分析に利用するデータの入手に苦労することがしばしばある。そうした課題に対処する手段が「データカタログ」ツールだ。その主要機能とベンダーを取り上げる。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 「セルフサービスBI」(BI:ビジネスインテリジェンス)ツールなどのデータ分析ツールを利用するデータ分析担当者が、そうしたツールで利用するためのデータを自ら取得し、整形することには困難が伴う。データ管理者を介さずにそのような作業を可能にし、非管理者のデータ分析担当者でもデータを取り扱いやすくするための仕組みが「データカタログ」だ。

 Webサイトホスティング企業GoDaddyでデータおよびBIツールのエバンジェリストを務めるシャロン・グレーブス氏は、データカタログツールベンダーAlationのデータカタログツールを2015年に導入した。その目的は、データ分析担当者が自社システム内のデータを検索するために費やす時間を短縮することと、データカタログツールを通じてデータ管理者が分析対象となるデータを検証できるようにすることにあった。 GoDaddyはデータカタログツールの導入により、目的のデータを素早く入手可能な環境を整えた。「データアナリストが分析により時間を使えるように、また非専門家のデータ分析担当者が簡単なグラフやクロス集計表を作成しやすくなるようにしたいと考えた」(グレーブス氏)

データカタログの主な機能

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

コロナ禍のマーケティング活動 今後注力する取り組みの最多は「SNS活用/SNS広告」――AMN調査
新型コロナウイルス感染拡大がマーケティング活動へ及ぼした影響について、約160社に調査...

news057.jpg

パナソニックが実践するCDP活用 コモディティ化した家電を「買ってもらうための訴求」とは
CDP(Customer Data Platform)を活用した広告運用、Webサイト最適化、そして顧客理解の...

news089.jpg

マーケティング担当者に聞いた動画活用に関する意識調査――GMOプレイアドとGMOリサーチ
動画広告への期待度と課題について、企業のマーケティング担当者に聞いています。【訂正】