2020年05月13日 05時00分 公開
特集/連載

「データカタログツール」とは? 主要機能とベンダーを紹介「データカタログ」とは何か【後編】

データ分析担当者は、分析に利用するデータの入手に苦労することがしばしばある。そうした課題に対処する手段が「データカタログ」ツールだ。その主要機能とベンダーを取り上げる。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 「セルフサービスBI」(BI:ビジネスインテリジェンス)ツールなどのデータ分析ツールを利用するデータ分析担当者が、そうしたツールで利用するためのデータを自ら取得し、整形することには困難が伴う。データ管理者を介さずにそのような作業を可能にし、非管理者のデータ分析担当者でもデータを取り扱いやすくするための仕組みが「データカタログ」だ。

 Webサイトホスティング企業GoDaddyでデータおよびBIツールのエバンジェリストを務めるシャロン・グレーブス氏は、データカタログツールベンダーAlationのデータカタログツールを2015年に導入した。その目的は、データ分析担当者が自社システム内のデータを検索するために費やす時間を短縮することと、データカタログツールを通じてデータ管理者が分析対象となるデータを検証できるようにすることにあった。 GoDaddyはデータカタログツールの導入により、目的のデータを素早く入手可能な環境を整えた。「データアナリストが分析により時間を使えるように、また非専門家のデータ分析担当者が簡単なグラフやクロス集計表を作成しやすくなるようにしたいと考えた」(グレーブス氏)

データカタログの主な機能

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...