2020年05月12日 05時00分 公開
特集/連載

なぜ企業は“脱クラウド”“オンプレミス回帰”に踏み切るのかクラウド移行でありがちな「失敗」とその防止策【前編】

オンプレミスのインフラからクラウドサービスに移行したアプリケーションを、再びオンプレミスに戻す“脱クラウド”は、なぜ起こるのか。事例と調査結果を基に説明する。

[Mary K. Pratt,TechTarget]

 企業のアプリケーション開発と運用にクラウドサービスを使用する動きは、依然として広がっている。ITインフラのコストを下げ、スケールアップとスケールダウンを容易にするために、自社で所有・運用するオンプレミスのインフラからクラウドサービスにアプリケーションを移行したり、複数種類のクラウドを組み合わせるマルチクラウド戦略を推し進めたりする企業は少なくない。

 ただしクラウドサービスは常にメリットをもたらすわけではない。一切クラウドサービスの恩恵を得ることなく終わるプロジェクトもある。クラウドサービス移行の失敗は珍しいことではない。アプリケーションをクラウドサービスに移行しても、オンプレミスのインフラと同じように機能しない場合は、オンプレミスに回帰させる“脱クラウド”に踏み切らざるを得ない。

 セキュリティベンダーFortinetの依頼を受け調査会社のIHS Markitが実施した調査によると、脱クラウドの理由として、クラウドサービスに期待していた効果が得られなかったことを挙げる企業が多い。回答者の74%がアプリケーションを自社のインフラに戻したと答えている。この調査はグローバルIT意思決定者350人を対象に実施された。

 「企業がアプリケーションを元のインフラに戻す状況は、何かがうまくいかなかったことを示している」。そう語るのは米テキサス州ダラスに拠点を構える経営コンサルティング会社Everest Groupで、情報テクノロジーサービス部門のバイスプレジデントを務めるユガル・ジョシ氏だ。アプリケーションの移行は、パフォーマンスの低下やセキュリティリスクの増加、業務の中断、IT部門とビジネス部門のリソースの枯渇といった問題を引き起こすことがある。「アプリケーションの運用場所を変えるのは容易なことではなく、多くのリスクを伴う」(ジョシ氏)

「クラウドでコスト削減」の希望は絶望へ

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...