2021年03月31日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「グラフデータベース」「リレーショナルデータベース」の基礎「グラフデータベース」「リレーショナルデータベース」を比較【前編】

代表的なデータベースである「グラフデータベース」と「リレーショナルデータベース」。それぞれの仕組みや取り扱うデータ構造を説明する。

[Kara E. Joyce,TechTarget]

関連キーワード

NoSQL | データベース | RDBMS


 データベースは数十年間にわたり発展してきた。現在の主流は「リレーショナルデータベース」だが、それ以外のデータベースもある。こうしたデータベースの代表例が「グラフデータベース」だ。複雑化が進む問題に対し、複雑なデータを使って答えを見つけようと、企業はグラフデータベースの活用に取り組んでいる。

 本連載はグラフデータベースとリレーショナルデータベースの違いを整理する。自社のニーズに適するデータベースはどちらなのかを選定する際の参考としていただきたい。

グラフデータベースとは

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10
コロナ禍によりオンラインショッピングが拡大する中、Eコマース構築プラットフォームが好...

news122.jpg

コロナ禍の旅行と“情報”について――JTB調査
旅マエ、旅ナカの情報収集で活用されるのは「旅行会社やOTAサイトの旅行情報」「旅行口コ...

news057.jpg

データドリブンで設定された目標だから組織が一体となれば必ず達成できる 逆に組織がバラバラだと……
今回は、データドリブン経営を指揮するGTM(Go To Market)チームの変遷を振り返りつつ、...