いまさら聞けない「グラフデータベース」「リレーショナルデータベース」の基礎「グラフデータベース」「リレーショナルデータベース」を比較【前編】

代表的なデータベースである「グラフデータベース」と「リレーショナルデータベース」。それぞれの仕組みや取り扱うデータ構造を説明する。

2021年03月31日 05時00分 公開
[Kara E. JoyceTechTarget]

関連キーワード

NoSQL | データベース | RDBMS


 データベースは数十年間にわたり発展してきた。現在の主流は「リレーショナルデータベース」だが、それ以外のデータベースもある。こうしたデータベースの代表例が「グラフデータベース」だ。複雑化が進む問題に対し、複雑なデータを使って答えを見つけようと、企業はグラフデータベースの活用に取り組んでいる。

 本連載はグラフデータベースとリレーショナルデータベースの違いを整理する。自社のニーズに適するデータベースはどちらなのかを選定する際の参考としていただきたい。

グラフデータベースとは

ITmedia マーケティング新着記事

news186.jpg

Webマーケティングの調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動作成が「GPT-4o」に対応
集客戦略やサービス改善のための調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動生成がOpenA...

news182.jpg

モバイルゲームの最新トレンド 「ハイブリッドカジュアル」はなぜ好調なのか?
AdjustとAppLovinは共同で、モバイルビジネスとしてのモバイルゲームの最新トレンドやデ...

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...