2021年01月28日 05時00分 公開
特集/連載

IKEAとコニカミノルタ系が「PostgreSQL」に移った理由特選プレミアムコンテンツガイド

オンプレミスのDBMSからオープンソースの「PostgreSQL」に乗り換えた企業にIKEAとKonica Minolta Healthcare Americasがある。なぜPostgreSQLなのか。両社に選定理由や活用術を聞いた。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 世の中にはさまざまなDBMS(データベース管理システム)が存在する。DBMS選択時に切り口の一つとなるのが「オープンソースか、プロプライエタリか」という点だ。「Oracle Database」「SQL Server」といったプロプライエタリのDBMSが幅広い企業で使われる一方で、オープンソースDBMSも根強い支持を集めている。

 「PostgreSQL」(「Postgres」とも)は、代表的なオープンソースのRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)だ。小売業者IKEAと、コニカミノルタの米国グループ会社として医療用各種機材の販売を手掛けるKonica Minolta Healthcare Americasは、プロプライエタリRDBMSからPostgreSQLに移行した。その理由とは何か。PostgreSQLをどう活用しているのか。本資料は、両社担当者の話を紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...