2021年04月01日 05時00分 公開
特集/連載

「HCI」を「Kubernetes」でクラウドネイティブ化 VMwareとCiscoの動きは?「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第2回】

コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」をHCI(ハイパーコンバージドインフラ)に組み合わせる動きが広がっている。まずはVMwareとCisco Systemsの取り組みを紹介する。

[Robert Sheldon,TechTarget]

 第1回「『コンテナ』の良さとは? 『HCI』で『Kubernetes』を動かす意味は?」に続き、「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)でコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」を運用するための製品を紹介する。本稿はVMwareとCisco Systemsの製品を中心に取り上げる。

VMwareの「vSphere with Kubernetes」

 VMwareは、サーバ仮想化ソフトウェア「vSphere」にKubernetesを組み込んだ。vSphereのバージョン7が搭載した「vSphere with Kubernetes」という機能によって、vSphereでKubernetesクラスタ(コンテナを実行するサーバ群)を運用できるようになった。vSphere with Kubernetesは、KubernetesのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を介してKubernetesクラスタのデプロイ(配備)ができる。

 vSphere with Kubernetesは、VMwareのクラウド構築製品群「VMware Cloud Foundation」(VCF)の一部を成す機能でもある。VCFはコンピューティング、ストレージ、ネットワークのリソースを統合的に構築、運用するための各種機能を提供する。

 VCFは下記2つのKubernetes関連の製品群を含む。

  • Tanzu Runtime Services
    • Kubernetesをベースにしたコンテナランタイム「VMware Tanzu Kubernetes Grid」を含め、Kubernetesの核となる機能を提供
  • Hybrid Infrastructure Services
    • KubernetesのAPIやREST(システム連携の標準的な設計思想)準拠のAPIを利用して、コンテナや仮想マシン、ストレージやネットワークのリソースを制御

 Dell TechnologiesはHCIアプライアンス「Dell EMC VxRail」に、同社傘下のVMwareの技術を早くから採用している。Dell EMC VxRailはVMware vSphereやVCFの各種コンポーネントを搭載し、Kubernetesも利用できるようになった。Dell TechnologiesはVMwareとの協力の下、「VMware Tanzu on Dell EMC VxRail」(Tanzu on VxRail)として、KubernetesをHCIで運用できるようにする各種機能を搭載。Kubernetes用のリソース配備から、Kubernetes環境を構成する各種コンポーネントのライフサイクル管理の自動化まで幅広い機能を提供する。

Cisco Systemsの「HyperFlex Application Platform」

 Cisco SystemsはHCIアプライアンス「Cisco HyperFlex」を2016年に販売開始した。同社はこのHCIアプライアンスでコンテナの運用を可能にする機能群「Cisco HyperFlex Application Platform」(HXAP)を投入した。HXAPはKubernetesをベースにしているため、Kubernetesで開発したアプリケーションをCisco HyperFlexでそのまま運用できる。オンプレミスインフラとクラウドサービスにまたがるKubernetesクラスタのプロビジョニング(配備)やメンテナンスを簡素化する機能も搭載する。

 HXAPによって、ユーザー企業はクラウドサービスでの運用を前提にした「クラウドネイティブ」なアプリケーションをオンプレミスインフラでも簡単に運用できるようになる。クラウドサービスでもオンプレミスインフラでも同様のアプリケーション運用を実現する選択肢を提供することが、Cisco Systemsの狙いだ。HXAPはOSの管理やパッチ適用などKubernetes環境を構成するコンポーネントの管理機能の他、開発チームと運用チームが協力して開発を進める「DevOps」を支援するツール、ストレージやネットワークの負荷分散に役立つツールなども併せて提供する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...