2021年04月02日 05時00分 公開
特集/連載

AWS「CloudEndure」と「Azure Site Recovery」 2大DRaaSの似た機能、違う機能「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【中編】

AWSとMicrosoftはそれぞれ、災害対策用のインフラをクラウドサービスに構築できる「DRaaS」を提供している。それぞれのDRaaSはどのような機能があるのか。

[Brien Posey,TechTarget]

 Amazon Web Services(AWS)やMicrosoftなどのクラウドベンダーは、DR(災害対策)に必要な機能をまとめたクラウドサービス「DRaaS」(Disaster Recovery as a Service)を提供している。AWSの「CloudEndure Disaster Recovery」(CloudEndure)や、Microsoftの「Azure Site Recovery」などのDRaaSを利用することで、ユーザー企業は自社の災害対策を容易にすることができる。

 前編「AWSのCloudEndure Disaster RecoveryとAzure Site Recoveryの用途、構造の違い」に続き、CloudEndureとAzure Site Recoveryの主要な機能を説明する。

CloudEndureの主な機能

 CloudEndureは、本番用のマシンからステージング領域に、ブロック単位の非同期レプリケーション(複製)を実施する。ステージング領域は、低コストの予備のマシンとして機能する。災害発生時、クラウドサービスに用意したレプリカに切り替えるフェイルオーバーを実行する場合は、この予備マシンから仮想マシン(VM)を起動する。本番用のマシンを停止することなく、DRリソースをテストすることも可能だ。

 AWSは、クラウドサービスでDRを実現することを目的として、CloudEndureのステージング領域を設計している。このステージング領域では、データ消失の直前の状態までインフラを復旧する「ポイントインタイムリカバリー」も利用可能だ。ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃や不注意によるデータの削除・変更から保護できる。

 CloudEndure組み込みのオーケストレーションエンジンは、VMの変換プロセスを自動化する。VM変換はフェイルオーバー操作中に必要になる作業だ。このオーケストレーションエンジンは、必要に応じて数千台規模のVMのフェイルオーバーを実現する。

Microsoft Azure Site Recoveryの主な機能

 MicrosoftのAzure Site Recoveryは機能面でCloudEndureと似ている。例えばCloudEndureと同様、Azure Site Recoveryの主要機能もデータのレプリケーションだ。Azure Site Recoveryは予備のマシンを構築し、その予備マシンに30秒おきに非同期でデータをレプリケートするため、1分未満のRPO(目標復旧時点)が実現する。管理者はMicrosoftのロードバランサーサービス「Traffic Manager」を使って、復旧時のトラフィック(ネットワークを流れるデータ)に優先順位を付け、RTO(目標復旧時間)を短縮することも可能だ。

 ユーザー企業はAzure Site Recoveryの無停止テスト機能を使うことで、本番環境に影響を及ぼさずにフェイルオーバーの訓練や検証を実行できる。自社のシステムに合わせた復旧計画を設定することも可能だ。IT管理者は復旧計画をカスタマイズしてVMを復旧する順序を制御できるため、アプリケーションの復旧プロセスを容易に実行できる可能性がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10
コロナ禍によりオンラインショッピングが拡大する中、Eコマース構築プラットフォームが好...

news122.jpg

コロナ禍の旅行と“情報”について――JTB調査
旅マエ、旅ナカの情報収集で活用されるのは「旅行会社やOTAサイトの旅行情報」「旅行口コ...

news057.jpg

データドリブンで設定された目標だから組織が一体となれば必ず達成できる 逆に組織がバラバラだと……
今回は、データドリブン経営を指揮するGTM(Go To Market)チームの変遷を振り返りつつ、...