2021年04月03日 05時00分 公開
特集/連載

「iPhone 12」が「5Gスマホは買わずに待つべし」という“常識”を変えたGartnerとIDCの調査では買い替え需要が高まる兆し

低迷していたスマートフォン市場が回復し始めた。アナリストはその要因として、Appleの「iPhone 12」シリーズによる「5G」スマートフォン市場の活性化があるとみる。GartnerやIDCの調査結果から市場の動きを探る。

[Mike Gleason,TechTarget]

関連キーワード

ビジネスPC | モバイル端末


 「5G」(第5世代移動通信システム)による通信が可能なAppleのスマートフォン「iPhone 12」シリーズは、それまで低迷していたスマートフォン市場に活を入れ、2020年第4四半期の下支えとなった。

 調査会社Gartnerが2021年2月に発表したレポートによると、2020年第4四半期(10月〜12月)の世界スマートフォン市場では、Appleの「iPhone」シリーズの販売台数が前年同期比で14.9%伸びて約7990万台となり、首位を獲得。Samsung Electronicsは約6210万台で2位だった。Gartnerの調査データによると、Appleがスマートフォンの四半期販売台数で世界首位に立つのは2016年第4四半期以来となる。

 2021年1月には調査会社IDCが、2020年第4四半期における世界全体の小売業者へのベンダー別スマートフォン出荷台数を発表。Appleが約9010万台で首位に立ち、2位のSamsung Electronicsが約7390万台だったと報告している。

 Gartnerによると、2020年第4四半期におけるスマートフォンの世界販売台数は約3億8460万台で、前年同期(約4億660万台)と比べて5.4%減少した。ただし2020年第1四半期(1月〜3月)と第2四半期(4月〜6月)が前年同期比20%以上の減少、第3四半期が5.7%の減少だったことを考えると、減少率は改善した。「2020年第4四半期は5Gモデルや中〜下位モデルの販売が増え、スマートフォン市場全体の落ち込みを最小限に抑えた」と、Gartnerのアナリスト、アンシュル・グプタ氏は指摘する。

iPhone 12が「5Gスマホは買いかどうか」を愚問にした“あの理由”

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10
コロナ禍によりオンラインショッピングが拡大する中、Eコマース構築プラットフォームが好...

news122.jpg

コロナ禍の旅行と“情報”について――JTB調査
旅マエ、旅ナカの情報収集で活用されるのは「旅行会社やOTAサイトの旅行情報」「旅行口コ...

news057.jpg

データドリブンで設定された目標だから組織が一体となれば必ず達成できる 逆に組織がバラバラだと……
今回は、データドリブン経営を指揮するGTM(Go To Market)チームの変遷を振り返りつつ、...