2021年04月18日 10時30分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「無線LAN」「無線MAN」「無線PAN」「無線WAN」の基本的な違い無線ネットワーク主要4種を比較

無線ネットワークには「無線LAN」「無線MAN」「無線PAN」「無線WAN」の4種類があり、それぞれ用途が異なる。何が違うのか。

[David Jacobs,TechTarget]

関連キーワード

無線LAN


 無線技術を利用して、インターネットなど各種ネットワークへの接続を実現する「無線ネットワーク」。主な無線ネットワークは以下の4種類であり、それぞれに役割がある。無線ネットワークの種類と、それぞれの機器要件や接続要件を確認しておこう。

  • 無線LAN(LAN:ローカルエリアネットワーク)
  • 無線MAN(MAN:メトロポリタンエリアネットワーク)
  • 無線PAN(PAN:パーソナルエリアネットワーク)
  • 無線WAN(WAN:ワイドエリアネットワーク)

1.無線LAN

 無線LANは、建物内や敷地内にいる人を対象とした無線ネットワークだ。当初はオフィスや家庭で使用されていたが、今では店舗やレストランでも使用されるようになった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)の影響で従業員や教員が自宅で仕事や授業をするようになり、家庭における無線LANの業務利用が広がった。

ITmedia マーケティング新着記事

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

news061.jpg

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news143.jpg

コロナ禍でのEC利用は「安さ」より「注文のしやすさ」重視の傾向――流通経済研究所調べ
全国1万人調査から分かったショッパーのネット利用の変化。