メジャーリーグ球場が「Wi-Fi 6E」の無線LANを導入した理由メジャーリーグの名門がWi-Fi 6Eを導入【前編】

サンフランシスコジャイアンツは本拠地のスタジアムにさまざまな技術を導入している。それらを支えるネットワークには高速、大容量、信頼性、拡張性といった特性が求められる。そこで導入したのがWi-Fi 6Eだ。

2023年05月30日 17時30分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 MLB(メジャーリーグ機構)のチームであるサンフランシスコジャイアンツ(San Francisco Giants)は、ホームスタジアム「オラクルパーク」(Oracle Park)に無線LAN規格「Wi-Fi 6」の拡張版である「Wi-Fi 6E」準拠のネットワークを導入した。

 オラクルパークは2000年に完成したスタジアム(当時はパシフィックベルパーク)で、約4万2300人を収容可能だ。同スタジアムはビデオ解析や、非接触決済などの技術を導入して、観客へのサービスの強化とスタッフの業務効率向上に取り組んできた。同スタジアムが新たにWi-Fi 6Eを導入した理由とは。

Wi-Fi 6Eが“信頼できるネットワーク”だった理由

 Wi-Fi は従来、2.4GHz帯と5GHz帯の周波数しか利用できなかったが、Wi-Fi 6Eで新たに6GHz帯が利用可能になった。2.4GHz帯と5GHz帯に比べて、6GHz帯を利用するシステムは限られているため混雑しておらず、接続が安定しやすいと考えられている。

 サンフランシスコジャイアンツは、Wi-Fi 6Eを整備することで幾つかの利点を見込んでいる。エンドユーザーの端末におけるデータのダウンロードとアップロードの高速化や待ち時間の短縮、接続の安定性向上などだ。オラクルパークがWi-Fi 6Eを導入した理由は、ITを活用しながらスタジアムで観客へのサービスを継続的に強化するには、より強力なネットワークが不可欠だからだ。

 ITを使ったサービスへの依存度が高まるほど、バックボーンのネットワークをより堅牢(けんろう)にする必要もある。サンフランシスコジャイアンツの運用スタッフには、容易に運用でき、拡張が可能なネットワークが必要となる。

 オラクルパークに設置したWi-Fi 6E準拠の無線LANアクセスポイントは、ネットワーク機器ベンダーのExtreme networksが提供。設置には通信事業者のComcast Businessが協力した。

 オラクルパークは、Wi-Fi 6Eに準拠するExtreme Networkの無線LANアクセスポイントを客席の上部や座席下など、約900カ所に設置した。この無線LANを、観客が利用するアプリケーションにもスタジアムのスタッフが利用するアプリケーションにも提供する。

 Extreme Networksによると、Wi-Fi 6Eの導入で観客向けサービスの改善につなげることが可能だ。既にチケットをモバイル端末で購入したり、QRコードで入場したりといった迅速化を実現しているが、指や目を利用した生体認証による入場も将来的に可能になるという。


 後編はオラクルパークがWi-Fi 6Eを導入することで、観客とスタッフがどのようなメリットを得たのかを解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...