ランサムウェアの補償もあり? データ保護ツール「Veeam Data Platform」とはデータ保護に対するVeeamの一手【前編】

企業のシステムが一段と複雑になる中で、ランサムウェアといったデータ保護の信頼性を揺るがす脅威が拡大している。こうした状況において、Veeam Softwareが新製品群「Veeam Data Platform」を発表した。

2023年05月18日 07時15分 公開
[Antony AdsheadTechTarget]

 企業はレガシーシステムからクラウドサービスまで、さまざまなシステムを利用しており、それに伴ってデータが散在する傾向にある。散らばるデータを監視し、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃に備える手段を提供することが、バックアップツールベンダーにとっての使命の一つだ。

 バックアップツールベンダーVeeam Software(以下、Veeam)は2023年2月、同社の製品をパッケージ化した製品群「Veeam Data Platform」を発表した。その狙いはどこにあるのか。

ランサムウェアからの復旧も考慮した「Veeam Data Platform」

 主に以下のソフトウェアでVeeam Data Platformは構成されている。

  • データのバックアップと復元を実施する「Veeam Backup & Replication」(VBR)
  • 仮想環境を監視し、レポートを作成する「Veeam ONE」
  • データ復旧を自動化する「Veeam Recovery Orchestrator」(VRO)

 Veeam Data Platformには、「Foundation Edition」「Advanced Edition」「Premium Edition」という3つのエディションがある。このうちPremium Editionのユーザー企業は、ランサムウェア攻撃を受けた際のデータ復旧費用をVeeamが最大500万ドルまで補償する新サービス「Veeam Ransomware Warranty」を利用できる。

 Veeamはランサムウェアの保証サービスを提供しつつも、ユーザー企業が同サービスを利用する事態を望んでいるわけではない。ユーザー企業が被害を受けてもデータとシステムを復元できるよう、バックアップデータの監視や維持の機能をVeeam Data Platformで提供する。

 企業のシステムには、プログラミング言語「COBOL」で構築されたシステムをはじめとしたレガシーシステムもある。「メインフレームや物理サーバ、仮想マシン、コンテナなどさまざまな場所にデータが存在しており、企業のシステムは信じられないほど複雑だ」。Veeamの英国およびアイルランド担当のバイスプレジデントを務めるダン・ミドルトン氏はそう話す。

 システムの複雑化が進む中で、データ保護にも新たな手法が求められている。ミドルトン氏は製品群を強化するポイントとの一つとして「当社は自動化技術を用いてシステムの変化に追随できるようにしている」と話す。


 後編は、ランサムウェア被害に対する補償サービスについて詳しく紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...