2023年04月10日 09時00分 公開
特集/連載

ブロードバンドタワー、Zadaraを採用したクラウドサービス「Nシリーズ」を提供NEWS

ブロードバンドタワーが自社クラウドサービスにZadaraのツール群を採用。これにより、信頼性や可用性といった特徴があるだけでなく、リアルタイムで仮想マシンの追加や構成変更などをできる機能が加わる。

[松本一郎TechTargetジャパン]

 データセンター事業者のブロードバンドタワーは2023年4月4日、クラウドサービス「c9 Flexサービス Nシリーズ」(以下、Nシリーズ)を2023年5月に提供開始すると発表した。Nシリーズは、同社が提供する月額料金固定制のクラウドサービス群「c9 Flex」の新サービスとなる。同社は自社データセンターで同サービスを運用する。

Zadaraを採用して「c9 Flex」が進化

 ブロードバンドタワーは保有する自社データセンターでc9 Flexを運用することで、同サービスの信頼性と可用性を確保している。それに加えて、同サービスには「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」(GCP)といった主要クラウドサービスと専用線でシームレスに連携できる特徴がある。ユーザー企業は、オンプレミスインフラとクラウドサービスを併用する「ハイブリッドクラウド」や、複数のクラウドサービスを併用する「マルチクラウド」の構成を実現しやすい。

 NシリーズはZadaraが提供するクラウドサービス構築用のツール群「Enterprise Edge Cloud Platform」を活用。これにより、信頼性や可用性といったc9 Flexシリーズの従来の特徴に新たな機能が加わる。具体的にはコントロールパネル(Webインタフェース)を用いて、仮想マシンやストレージなどの追加や構成変更、サービスの監視などをリアルタイムでできるようになる。1Gbpsのベストエフォートのインターネット接続を追加料金なしで利用することも可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...