デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
コアからクラウドまで包括的に保護、セキュリティを組み込んだ次世代HCIの実力
IT運用をモダナイズする上でセキュリティ対策は欠かせないが、システムのサイロ化に伴いそのハードルは高くなっている。そこで注目したいのが、コアからエッジ、クラウドまでを保護する、包括的なセキュリティが機能を組み込んだHCIだ。(2022/6/29)

Microsoftの開発者向けサービス「Microsoft Dev Box」とは【前編】
Windows 365ベースのクラウドワークステーション「Microsoft Dev Box」とは?
Microsoftが開発者向けに提供するクラウドワークステーションの「Microsoft Dev Box」。開発者はMicrosoft Dev Boxを使うことで、何ができるようになるのか。機能と特徴を説明する。(2022/6/23)

「Web 3.0」の「3大リスク」【前編】
「Web 3.0」(Web3)で仮想通貨を奪う“4つの手口”とは?
次世代インターネット「Web 3.0」の具現化が急速に現実味を帯びている。さまざまなメリットの裏面にはリスクも潜む。Web 3.0を安全に活用するにはどうすればいいのか。(2022/6/21)

「可観測性」を成功させる4つのポイント【後編】
平均応答時間より重要? システムトラブル防止に不可欠な“あの要素”
企業はさまざまな可観測性データを集めて活用するために、それらのデータを視覚化する必要がある。その際に重視すべきは何か。データ視覚化のポイントを解説する。(2022/6/14)

NEWS
PostgreSQL互換のクラウドDB「AlloyDB」発表 「Cloud Spanner」との違いは?
GoogleはPostgreSQL互換のクラウドデータベース「AlloyDB」を発表した。クラウドデータベース「Cloud Spanner」との違いは何か。どのような用途に最適なのか。(2022/5/26)

「どこからでもサービス提供」の視点【後編】
先が見えないからこそ考えるべき「インフラの条件」とは?
オンプレミスとクラウドサービスを含め、企業が利用可能なインフラは多岐にわたる。働き方が変わる中でも継続してサービス提供するために、IT部門はインフラにどのような要素を取り入れればよいのか。(2022/4/27)

NEWS
楽天グループがGoogle Cloudの「BigQuery」を採用 その狙いは?
楽天グループは、全社的に利用するデータウェアハウスにGoogleの「BigQuery」を採用した。同社がデータ分析システムのクラウド移行を決意した課題と、「Google Cloud Platform」を採用した理由は。(2022/4/21)

NEWS
三井不動産が基幹システムを「OCI」に移行 採用の決め手は?
三井不動産は商業施設運営を支える基幹システムを「OCI」に移行した。当初は他のクラウドサービスへの移行を検討していたというが、最終的には何がOCI採用の決め手となったのか。(2022/4/20)

「クラウドと同等な機動性と可用性を実現」:
パブリッククラウドからオンプレミスに回帰した企業のとった作戦とは
パブリッククラウドは拡張性が高く、利用量が変動する場合はコストを最小限に抑えることが可能だ。だが可用性を高めようとすると、HCIに軍配が上がる場合もある。複数のデータセンターを持つ企業がどのように構成したのか事例を紹介する。(2022/4/20)

IaaSの可用性を高める3つのポイント【後編】
「高可用性IaaS」が本当に必要かどうかを考える5つのヒント
IaaSの可用性を必要以上に高めようとすると、インフラの複雑さやコストが増大する可能性がある。HAが本当に必要かどうかを考えるための5つの観点を説明する。(2022/4/15)

IaaSの可用性を高める3つのポイント【中編】
可用性に無駄金を使わない基礎知識 「IaaS」の主な構成要素とは?
IaaSの可用性向上を実現する場合、IaaSの「何」の可用性を高めるのかを検討し、必要以上のコストが発生しないようにするのが重要だ。IaaSの主な構成要素を整理し、それぞれでHAを実現する方法を説明する。(2022/4/8)

「SRE」と「クラウドエンジニア」の違い【前編】
SREとはどのような職種か? クラウドエンジニアとは何が違う?
新しい職種として最近、「サイト信頼性エンジニア」が存在感を高めている。クラウドエンジニアの「敵」ではなく「味方」だ。両者はどう違い、共存するにはどうすればいいのか。(2022/4/5)

IaaSの可用性を高める3つのポイント【前編】
SLAの「99.9%」は何を意味するのか 必要な可用性を計算する方法
IaaSにあるデータやアプリケーションを安定して利用できる状態にするには、IaaSの可用性を高める必要がある。必要な可用性を検討する際のポイントを説明する。(2022/4/1)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
Oracle DBのRACリプレースをどうする? 高い可用性と冗長性を確保し続けるには
Oracle Databaseの高可用性と冗長性を実現するReal Application Clusters(RAC)だが、ライセンス体系の改定により継続利用が困難になった。そこで注目されているのが、リプレースの課題を解消する高速データベースアプライアンスだ。(2022/3/29)

教育機関の“校内SNS”活用【前編】
教職員と生徒間の連絡に「Talknote」を利用 聖徳学園が“国産”にこだわった理由
聖徳学園中学・高等学校は教職員と生徒、保護者間の連絡にコミュニケーションサービスの「Talknote」を採用している。Talknoteの採用に至った理由と、ITツールの普及のために同校が取り組んだ施策は。(2022/3/29)

充実するAWSのクラウドデータベース【後編】
データベース管理者を楽にする「Amazon DevOps Guru for RDS」「AWS DMS Fleet Advisor」とは
「Amazon DevOps Guru for RDS」「AWS DMS Fleet Advisor」は、データベースの管理と移行を支援するAWSサービスだ。これらのサービスは何に役立つのか。(2022/2/15)

「あれば助かる」から「必要不可欠」へ
“楽しめない遠隔医療”は駄目? コロナ禍後は「デジタル体験」が鍵に
調査によれば、コロナ禍を期に半数近くが遠隔医療サービスを利用し、過半数は遠隔医療の利用を増やす意向を示す。専門家は、今後の遠隔医療は「デジタル体験の質」にも配慮する必要があると考えている。その意味は。(2022/2/14)

「ホログラフィックデータストレージ」の挫折と未来【前編】
HDDとSSDの限界を超える「HDS」の大ブームは来るのか
光学ストレージの一種である「ホログラフィックデータストレージ」(HDS)。過去に失敗に終わった取り組みもあるが、この技術が死んだわけではない。HDSがこれから革新を起こす可能性を深掘りする。(2022/2/9)

Dockerで簡単インストール可
OSSの改ざん防止データベース「immudb」、試す価値あり
改ざん防止に主眼を置いたデータベースがOSSで登場した。オンラインデモやDocker、Kubernetesインストールもサポートしており、取りあえず試してみることができる。百聞は一見にしかずだ。(2022/2/3)

2022年IT優先度調査
PCのトレンドは「需要の増大と販売台数の減少」「コロナ禍用の新機能」
テレワークによってPC需要やIT資産管理の優先度が増している。にもかかわらず、PCの販売台数は減少傾向にある。また、PCの成長は意外にもデスクトップPCにあるという。なぜなのか。(2022/1/31)

「CPU」「GPU」「DPU」はどう違うのか【後編】
“第三のプロセッサ”「DPU」とは? CPU、GPUとの違いは
大量データの高速処理を実現する切り札となり得るプロセッサが「DPU」(データ処理装置)だ。「CPU」「GPU」に並ぶ“3つ目の頭脳”は何ができるのか。(2022/1/28)

SaaSのSLA、押さえておきたい4つの項目【前編】
いまさら聞けない、SaaSの「SLA」で必ず確認すべきチェックポイントとは
システムをSaaSに移行するとき、SLAの詳細を確認して契約しないと想定通りの利用ができない可能性がある。SLAを自社の用途に適した内容にするために必ず確認すべきチェックポイントとは。(2022/1/27)

クラウドニュースフラッシュ
チケットぴあが「アクセス集中でチケットが買えない」問題をクラウドで解消か?
竹中工務店が建設データ活用システムを「AWS」で構築した事例や、クラウドサービス移行時の満足度調査結果など、クラウドの主要ニュースを取り上げる。(2022/1/31)

3つの選択肢は何がどう違うのか
SE-RACが利用不可になるOracle Database 19c以降、可用性をどう確保する?
Oracle Database 19c SE2以降でSE-RACがサポート対象外となることを受け、高可用性をどう確保すればよいのか悩む企業は多い。シングル構成やHA構成、DR構成など考えられる選択肢のメリット/デメリットを挙げながら、最適な方法を探る。(2022/1/25)

最新技術をフル活用して「運用のDX」を実現
自治体のネットワーク分離インフラでも採用された予兆検知、保守自動化製品とは
DXで重要な役割を担うITインフラだが、その運用管理では課題も多い。今、ITインフラの運用管理で何が課題なのか、解決のポイントは何か、どのような製品を、どう活用すればよいのか。そのヒントを探るセミナーが開催された。(2022/1/18)

クラウド活用で脱炭素化に取り組むSiemens Energy【後編】
脱炭素化だけじゃない Siemens Energyが「GCP」を選んだ“もう一つの理由”
エネルギー企業のSiemens Energyは脱炭素化のために、オンプレミスインフラで稼働するアプリケーションやデータの「GCP」への移行を進めている。同社がGCPを選んだ理由は脱炭素化だけではない。他の理由は何か。(2022/1/17)

甚大なソーシャルメディア障害【後編】
Meta(旧Facebook)のサービス停止に学ぶ“3つの戒め” 自問すべき点はこれ
Meta(旧Facebook)のシステム障害は深刻な事態を招いた。同様の事態に陥らないために、企業はこの事例から教訓として何を学ぶべきなのか。(2022/1/5)

クラウドベンダーとの「SLA」「料金」交渉のこつ【後編】
クラウドを安く使う「ベンダー交渉」ですべきことと、絶対にしてはいけないこと
ユーザー企業はクラウドサービスのSLAや料金について、クラウドベンダーと交渉して納得できる契約内容を締結する必要がある。良い結果を得るために、交渉時に注意すべきことを説明する。(2021/12/22)

クラウドの「エグレス料金」を管理する方法【後編】
クラウドの“無駄遣い”を招く「エグレス料金」を抑える方法
クラウドサービスで扱うデータ量が増大したときに注意すべきなのは「エグレス料金」だ。利用料金が高額になるのを防ぐには、どのような対策を講じればよいのか。(2021/12/21)

医療機関のクラウド移行、リスク管理のヒント【第4回】
医療機関が解いておきたい「AWSやAzureを使えばセキュリティ対策は不要」の誤解
クラウドサービスを利用するあらゆる組織は、セキュリティをクラウドベンダー任せにしてはならない。セキュリティ対策を負担と捉えず、システムの品質を高める取り組みと捉えるために考えるべきことは。(2021/12/21)

無修正SQL Serverアプリが動くかも
SQL ServerからクラウドDB「Amazon Aurora」に簡単に移行する方法
他データベースへの移行は容易ではない。AWSはSQL Server用アプリをMySQLおよびPostgreSQL互換データベースの「Amazon Aurora」でそのまま動かす機能でこれを解決した。(2021/12/20)

クラウドベンダーとの「SLA」「料金」交渉のこつ【中編】
クラウドを安く使う「ベンダー交渉」に失敗しない“最低限やるべきことリスト”
クラウドサービスの導入が成功するかどうかは、クラウドサービスの契約内容にかかっている。自社の要件に適した契約を結ぶには、どのようにベンダーと交渉すればよいのか。(2021/12/15)

クラウドベンダーとの「SLA」「料金」交渉のこつ【前編】
クラウドを安く使う「ベンダー交渉」に失敗しない“交渉前準備”のヒント
クラウドサービスの導入時に、ユーザー企業が自社の要件に適した契約を結ぶには、クラウドベンダーとの交渉が必要だ。まずは交渉前の準備に注目する。(2021/12/6)

コンテナネットワークの基礎知識【第10回】
「EKS」「AKS」「GKE」のコンテナ理解に役立つVPCやVNetの通信とは?
「AWS」「Azure」「GCP」などのクラウドサービスは、「Kubernetes」のコンテナ間通信を実現する独自のサービスを提供しています。それぞれのネットワークを用意する際に知っておくべきポイントを紹介します。(2021/12/17)

企業が「ダウン」しないためにレジリエンスを高める
ダウンタイム“ゼロ”はあり得ない システム停止の影響を最小限に抑えるには
システムの停止時間(ダウンタイム)が長くなれば、企業に深刻な影響を与えかねない。どう備えればよいのか。「2種類」のダウンタイムを踏まえて考える。(2021/11/11)

AWSを活用してコロナを乗り切るWyndham【後編】
大手ホテルCIOが語る「『AWS』が新型コロナ禍の課題をこう解決した」
ホテルフランチャイズのWyndham Hotels & Resortsは、自社のITインフラとしてAWSを活用している。AWSを利用して得られた効果と、DXに向けた同社の施策とは。(2021/11/2)

「ハイパースケールクラウド」から学ぶ【第3回】
「故障」を軸にストレージ設計を考えるのは、なぜ有効なのか?
機器の故障は避けられないが、システム全体への影響をいかに最小限に抑えるかがIT担当者の腕の見せ所だ。「故障」を織り込んだ計画のこつとは。(2021/10/28)

コストも運用負荷も下げるIT資産管理を
情シスだって働き方を選べる クラウドからVPNまで安全かつ確実に管理する方法
場所や時間を選ばない柔軟な働き方に不可欠なのが、いつでもリソースにアクセスできる利便性と確実な安全性を備えたIT環境だ。情シスを含めて誰もが働き方を選べる安全な環境を、効率よく実践するには。(2021/11/2)

問題解決もお任せの「自己修復システム」【後編】
「自己修復システム」でIT人員の負担軽減 導入の成否を決める“3つのステップ”とは?
IT人員の退職が続くことで人手不足が深刻化する。この企業の悩みを解消するのは「自己修復システム」だ。導入を成功させるこつは。(2021/10/26)

「ハイパースケールクラウド」から学ぶ【第2回】
「大規模クラウド」のストレージ設計も夢ではない IT担当者が盗むべき運用術
ITインフラをソフトウェアで制御する流れはストレージにも広がっている。一般企業はハイパースケールクラウドに倣い、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)を活用することでさまざまなメリットを得ることができる。(2021/10/21)

問題解決もお任せの「自己修復システム」【前編】
人の介入を不要にする「自己修復システム」とは? 何がすごいのか
企業は自動的に問題を検出して解決するシステムを構築すれば、運用の効率化を図れる。こうした「自己修復システム」は具体的にどのようなものなのか。(2021/10/19)

「追求し過ぎない」可用性の管理術【後編】
可用性の「計画策定で終わり」はよくある間違い 「人」こそが肝になる理由
可用性管理の成功に資するのは「人」だ。可用性管理の担当者はもちろん、企業の幹部といった周りの人を巻き込むことも重要になる。可用性管理の体制づくりのポイントは。(2021/10/12)

ハイブリッドワーク推進企業はどうすればいい?
「Web会議がつながらない」が解雇理由に? 会議トラブルの想像以上の深刻さ
Web会議のトラブルは、企業や従業員に損害をもたらしかねない。どのような損害が発生しているのか。調査結果を基に、Web会議トラブルの影響の実態を探る。(2021/10/8)

「追求し過ぎない」可用性の管理術【前編】
「稼働率100%」のためにコストをかける意味はあるのか?
システム稼働を停止させない「可用性」の追求は企業にとって重要だ。ただし極端に追求し過ぎると、高コストにつながる点は要注意だ。“程よい”可用性管理のこつは。(2021/10/5)

インフラの性能、拡張性、信頼性を大幅強化
900億件のデータを管理する山崎製パンがAI活用も見据えて刷新したDWHインフラ
ITとビジネスの一体運営を進めている山崎製パンは、消費者ニーズの多様化とビジネス環境の変化に対応するためにデータ活用基盤の刷新を決断。同社が抱えていた課題を解決し、AI活用、BCPの強化を見据えて採用したデータ活用基盤とは。(2021/9/30)

安全性とパフォーマンスを両立するポイント
金融業DXの現実解? ハイブリッドクラウド導入の正しい進め方とは
高いセキュリティが必要な金融業界では、従来、クラウドの導入に慎重でDXが思うように進んでいなかった。だがハイブリッドクラウドが、この状況を変えようとしている。その鍵となる、クラウドとデータセンターの接続性を高める方法とは?(2021/9/29)

仮想化エンジニアの採用面接でよく出る11個の質問【第4回】
採用面接で「仮想化のトラブルシューティング経験」を聞かれたら、どう答えればよいのか
仮想化エンジニアの採用面接が進むと、自身の仮想インフラの管理経験や、仮想インフラの改善方法を問われることがある。こうした質問の意図と、回答時のポイントとは。(2021/9/28)

RDBMSに関する読者調査レポート
「プロプライエタリ」と「OSS」のRDBMS、読者が考えるそれぞれの魅力とは?
RDBMSは組織のデータ管理を担う。さまざまなRDBMS製品が存在する中、組織はどのような観点でRDBMS製品を採用したり、置換したりしているのか。読者調査の結果から探る。(2021/9/30)

仮想化エンジニアの採用面接でよく出る11個の質問【第3回】
採用面接で仮想化技術の“あの言葉”の意味を聞かれたら、どう答えるべきか
仮想化エンジニアの採用面接では、求職者が持つ仮想化技術の知識や経験を問われることがある。採用面接に頻出する質問を基に、仮想化のスキルをアピールするための回答のポイントを説明する。(2021/9/21)

「統合運用管理」の基本と進化【第3回】
AWS、Azureとオンプレミスの違いが生む問題と、統合運用管理ソフトの使い道
オンプレミスシステムを運用してきた企業がAWSやAzureなどのクラウドサービス利用で直面する問題と、JP1やHinemosなどの統合運用管理ソフトウェアが役立つポイントを考える。(2021/9/29)