「SD-WAN」が意外にも「5G」の採用を加速させたのはなぜかSASEの最初の一歩は何か【後編】

テレワークが広がり、企業は従業員がどこにいても快適に利用できるネットワークを必要とするようになった。そうした中、「SD-WAN」から「5G」へと採用が加速したのはなぜなのか。

2024年07月03日 08時00分 公開
[Ron KarjianTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)が発生し、テレワークをする従業員が増加した。さまざまな拠点の従業員がクラウドサービスを効率的に利用するために、企業は「SD-WAN」(ソフトウェア定義WAN)を採用するようになった。

 それと同時に、ネットワークとセキュリティをクラウドサービスに集約する「SASE」の導入を検討する企業が増加傾向にある。意外なことに、SASEの広がりによって「5G」(第5世代移動通信システム)の導入も進んでいる。

 米TechTargetの調査部門であるEnterprise Strategy Group(ESG)のプリンシパルアナリストであるボブ・ラリベルテ氏に、企業のネットワークがどのように変化しているのかを聞いた。

「SD-WAN」が「5G」の採用を加速させた意外な理由

―― パンデミックの影響やテレワークの普及、ネットワークの分散化などを踏まえて、企業のネットワークはどう変化していますか。

ラリベルテ氏 企業は従業員がシームレスにネットワーク接続できるための取り組みを進めている。誰もがクラウドサービスに接続する必要があるので、SD-WANが普及する可能性が高まっている。誰もが、より費用対効果の高いネットワーク接続を利用したいし、可用性も確保したい。

 5Gが登場したことで状況は改善している。5Gは大きく2つの用途に使用できる。1つ目は各拠点でのメイン回線、2つ目は自宅にいるテレワーカー向けのネットワークだ。

 パンデミックの間、コールセンターのオペレーターや医療従事者など、特定の職種ではリモートでの作業が増加することになった。その際、十分な通信速度を確保するためのネットワークとして5Gが使われた。

―― ネットワークインフラは、そう遠くない未来に5Gに支配されるようになり、さまざまなネットワーク技術の中には使われなくなるものが出てきますか。

ラリベルテ氏 SD-WANはしばらく存在するだろう。現状はSD-WANの代替物はないからだ。

 過去2年間の調査で、5Gを利用するユーザーについて調べた。新しいものへの関心から「よく分からないけど、取りあえず使ってみよう」という5Gへの反応が見られた。

 企業は5Gに移行することで大きなメリットを享受できる可能性がある。5Gはバックアップ回線だけにとどまらず、メイン回線としても使える。テレワーク用の回線として、5Gは企業にとって非常に理にかなっている。

 有線のブロードバンド接続は5Gより帯域幅が広い傾向にあるが、それでも在宅勤務で満足する帯域幅がないときもある。ここ数年はテレワーカー向けに2つ目の回線を検討する企業を見てきた。全体として、ネットワークのコストよりも品質やパフォーマンスを重視する方向へ進んでいる。今後もさまざまなネットワーク技術が混在することになるだろう。

―― SASEを導入済みの企業に対して、アドバイスはありますか。

ラリベルテ氏 ネットワークをどの程度集約しているのか、どのようなベンダーと契約しているかが問題となる。自社が入れ替えを検討する価値があると考える別のSASEベンダーがあるとする。それでも、必ずしも全面的な入れ替えが必要なわけではない。まずは特定の製品や機能だけを導入しておき、将来的に既存製品の償却が終わったときに追加するという具合だ。

 SASEには複数のコンポーネントが含まれる。SASEベンダーには、要素を小分けにして売るべきだと言いたい。本をまるごと1冊売るのではなく、1章ずつ売るようなものだ。SD-WANベンダーは運用の効率化やセキュリティの強化、ユーザーエクスペリエンス(UX)の向上を図るための手段を企業に提供することが重要だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...