企業がMPLSではなく「SASE」が必要だと考えるのはなぜ?SASEとNaaSに投資する企業【後編】

企業のネットワークではMPLSへの投資を抑え、ネットワークをサブスクリプション型で利用するNaaSへの投資が進む傾向にある。長期的なビジョンとしてはSASEが重要だという認識が広がりつつある。

2023年06月13日 11時30分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 ネットワーク機器ベンダーのAryaka Networksが米国、英国、ドイツ、インドの企業の経営層230人にIT投資動向を調査した年次報告書「Enterprise Network Transformation Report」によれば、経営層の98%がクラウドサービスへの投資の増額を計画していた。

 その一方で注目を集めているのが、複数のセキュリティ機能やネットワーク機能をクラウドサービスとしてまとめて提供する「SASE」(セキュアアクセスサービスエッジ)だ。なぜSASEを重視する動きが広がっているのか。

SASEが重要であると答えた割合と、その理由は?

 オフィスワークとテレワークを組み合わせたハイブリッドワークが広がり、企業の従業員は自宅やカフェ、本社などさまざまな場所からアプリケーションに接続するようになった。アプリケーションを配備する場所も自社データセンターやクラウドサービスの他、カメラやロボットなどのIoT(モノのインターネット)デバイスが稼働する倉庫や工場などに分散している。

 こうした状況を受けて、どこからでも安全に安定してアプリケーションに接続できるネットワークを構築し、管理する重要性が高まっている。それを実現するために、クラウドサービスから集中的にネットワークとセキュリティを管理するSASEが役立つ可能性がある。

 Aryakaの調査では、調査対象者の94%がネットワークとセキュリティの計画にはSASEが重要であると答えた。62%はスイッチング(トラフィックの中継と転送)技術である「MPLS」(マルチプロトコルラベルスイッチング)を使ったネットワークを廃止する計画であることが分かった。調査対象者の47%は、クラウドサービスとネットワークサービスの導入を加速する計画を立てていた。この調査結果から分かるのは、企業の経営陣が自社の長期的な成功にはネットワークとセキュリティの改善が不可欠だと考えていることだ。

 経営陣は、継続的なクラウドサービスへの投資、ハイブリッドワーク、アプリケーションのパフォーマンスとセキュリティの向上の必要性を認識している。同時に、長期投資の傾向としてMPLSの廃止と、ネットワークをサブスクリプション型で利用するNaaS(Network as a Service)を導入する傾向が明らかになった。

 経済の不確実性が増している中で、「企業は適応力を備え、どのような状況にも対処できる必要がある」とAryakaのCEOマット・カーター氏は語る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

 米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...