2023年06月03日 10時30分 公開
特集/連載

本当はもう働きたくない「退職した50歳以上のエンジニア」の本音時代が求める「50歳以上のITエンジニア」【後編】

豊富なスキルを持ちながら職に就いていない、50歳以上の中高年齢者を現役復帰させようとする動きがある。目指すのは人材不足の解消だ。勝手に期待を寄せられた、中高年齢者の意識はどうなのか。

[Caroline DonnellyTechTarget]

 退職した50歳以上の中高年齢者は、概して保有するスキルが高く、得ていた報酬も高かった――。IT人材紹介エージェンシーAshdown Groupのマネージングディレクター、ジョン・ラインズ氏は、こう説明する。こうした中高年齢者の退職は、既に厳しい状況にあるIT業界の人材不足を、さらに悪化させるとラインズ氏はみる。「何十年にもわたって蓄積されてきた彼らの知識や経験を、他の人材で簡単に置き換えることはできない」(同氏)からだ。

当の「退職した中高年齢エンジニア」の本音は……

 英国政府は、定年退職や早期退職した中高年齢者の再就職を推進しようとしている。こうした動きは、人材不足に悩むIT業界に恩恵をもたらす可能性がある。むしろ「IT業界は、こうした退職者の現役復帰に期待せざるを得ない状況にある」と言うのが正しい。

 2022年12月発表の調査報告書で、英国貴族院(上院:House of Lords)の経済問題委員会(Economic Affairs Committee)は、こうした楽観論に警鐘を鳴らした。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)以降に早期退職した中高年齢者は「ほとんどが復職を望んでいないし、期待もしていない」と指摘したのだ。

 早期退職した中高年齢者は「ほとんどの人がパンデミック時に生活費を節約しており、それなりに裕福だ」と、経済問題委員会は調査報告書で説明。パンデミック以降に退職した人の、かなりの割合が再就職することを前提にするのは「賢明ではない」との見方を示した。

 ラインズ氏はこうした見方に、大筋で同意する。その上で「好きなだけ、あるいは少しだけ働くことができるなど、自分の希望に合った働き方ができれば、退職者は再就職を決意する可能性がある」と語る。「高度な技術を持ち、お金に余裕のある人を仕事に戻す唯一の方法は、彼らが自分の条件で働けるようにすることだ」(同氏)

 パンデミックを経て「人々の優先順位は変わった」とラインズ氏は指摘する。パンデミックで日常的なテレワークを経験した人は「テレワークをもっと継続したい」「もっとワークライフバランスを取りたい」と考えるようになったという。こうした考えを持つ退職者が再就職に踏み切るには「仕事に自由度とやりがいがなければならない」というのが、同氏の考えだ。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

関連キーワード

メインフレーム


ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

営業担当者が顧客とのやりとりに使っている時間は業務時間の54%――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。

news023.jpg

Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポー...