無線LANではなく「5G」を使う医療機関は病院をどう変えるのか英国医療機関の5G事例【中編】

英国の精神医療機関が傘下病院にプライベート5Gを導入し、「スマート医薬品保管庫」や「e-observation」などの用途で実証実験を実施している。これらのシステムは医療の質をどう変えるのか。

2023年06月02日 05時15分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

関連キーワード

医療IT | 事例 | ギガビット | ネットワーク


 英国の精神医療機関サウスロンドン&モーズリーNHS基金トラスト(SLAM:South London and Maudsley NHS Foundation Trust)は、運営する関連病院に、「5G」(第5世代移動通信システム)をプライベートネットワークで利用する「プライベート5G」(ローカル5Gに相当)を導入した。この取り組みは革新的なデジタルヘルスの在り方を模索する実証実験の一環。SLAMは通信事業者VMED O2 UK(Virgin Media O2の名称で事業展開)の5Gサービスを利用して、「スマート医薬品保管庫」や「e-observation」(在宅および入院患者の生体情報モニタリング)など、さまざまなユースケースを検証しようとしている。

SLAMが“無線LAN”を使わずに目指す「5Gのある医療」とは

 このプロジェクトで鍵を握るのは、e-observationシステムと5G通信の組み合わせだ。e-observationシステムは患者のバイタルサイン(生命兆候)をモニタリングし、臨床医はモバイルデバイスからそのデータをリアルタイムで確認したり、更新したりできる。VMED O2 UKのプライベート5Gネットワークは、通信機器メーカーNokiaが提供する5G管理用クラウドサービス「Digital Automation Cloud」(DAC)を使って構築している。

 SLAMは医療従事者が病院の無線LANを使うことなく、オンラインのe-observationシステムに常時接続できるように、高速通信が可能なプライベート5Gを用意する。「これがあれば臨床医はより効率的に回診を済ませることができ、時間の節約になる。患者一人一人の記録をより正確に残せるようにもなる」とVMED O2 UKは説明する。

 同プロジェクトは、ITベンダーBruhati Solutionsが提供するモノのインターネット(IoT)システムの検証も実施する。5Gネットワークに接続するIoTシステムの用途として、主に下記がある。

  • 医薬品冷蔵庫の遠隔監視による医薬品の廃棄削減
  • 病棟の室内空気の調査
  • デスクや会議室の占有状況の監視

 後編は、病院運営や医療情報部門の業務改善につながる5Gの実証実験について解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...