英国政府が「データ分析」に3000億円 その“深い狙い”はこれだ英国は「データ」をどう生かすのか【前編】

英国政府の調達部門CCSは、データ分析に関する製品/サービスの調達を進める。20億ポンド規模になるとみられる今回の調達で、英国政府は何を実現しようとしているのか。

2023年01月18日 08時15分 公開
[Lis EvenstadTechTarget]

関連キーワード

データ分析 | IT戦略


 英国政府の調達部門であるCrown Commercial Service(CCS)が、データ分析に関する製品/サービスの調達に乗り出した。20億ポンド(約3150億円)規模の調達になるとみられる。この調達への参加資格がある企業は49社で、そのうち46%は中小企業だ。契約は2年間で、契約期間満了後、さらに2年間延長する可能性がある。

データ分析に3000億円――英国政府の“深い狙い”とは?

 CCSは今回の調達によって、英国の政府や省庁、地方自治体、医療、警察、消防、教育などの公共機関に、データ分析に関する製品/サービスを提供することを目指す。データ分析に特化したCCSの調達は、今回が初となる。

 「データは生産性を高めて経済成長を促し、英国の公共サービスに変革をもたらす可能性を秘めている」。CCSでコマーシャルディレクター兼最高技術調達責任者を務めるフィリップ・オラムウェンス氏は、そう期待を寄せる。

 今回の調達は、データによる公共機関のイノベーションを支える。「CCSが、公共機関のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する方法を示す一例だ」とオラムウェンス氏は話す。

 調達の対象は、ビジネスインテリジェンス(BI)のダッシュボードや、機械学習といった人工知能(AI)技術を活用した製品/サービスなどだ。データ分析を支えるデータマネジメントやデータマイニングなどの製品/サービスも調達する。


 後編は、英国政府がデータ分析分野の調達に際して重視する点を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。