Tiger Technologyが「医療業界のクラウドデータ保管」を重視する理由医用画像の長期保管を考える【後編】

Tiger Technologyはストレージ階層化やデータ保護などに利用できるソフトウェアやストレージ製品を提供するベンダーだ。同社が医療業界に焦点を当ててビジネスを強化する理由とは。

2023年06月02日 05時15分 公開
[Yann SerraTechTarget]

 Tiger Technologyが取り扱うのは、ファイルシステム関連の機能を軸とするソフトウェアやストレージ製品だ。同社はストレージ階層化サービス「Tiger Bridge」を医療業界に、特に医用画像を扱う診療科に向けて普及させようとしている。同社はなぜ、医療業界の課題解決を重視しているのか。

クラウドへのデータ移行が難しい業界

 ブルガリアに本社を置くTiger Technologyは、同社の公式Webサイトによれば2003年に設立した。医療業界だけでなく、メディアやエンターテインメント企業向け、監視カメラのビデオマネジメントシステム向け、中小企業向けなど、幅広い業種に特化した製品やサービスを提供している。大規模な導入事例の中には、政府機関や国際的な映像制作スタジオなどがある。

 Tiger TechnologyのCEOアレクサンドル・レフテロフ氏によれば、同社は「クラウドサービスへの移行が容易ではないシステムやデータを持つ業種」の課題解決を重視している。クラウドストレージの利用がコストの節約になる可能性があると分かっていても、業務の特性上、クラウドストレージへのデータ移行が難しい業界は存在する。「当社は業界が抱える障害を取り除き、誰もが『データアクセスの速度とシンプルさ』という利点を享受できるようにしたい」(レフテロフ氏)

 だがTiger Technologyの製品やサービスには欠点が1つある。それはOS「Windows」でしか機能しないことだ。実際、同社は「『Linux』や『macOS』で利用できないのか」という質問を受けることがあるという。レフテロフ氏は「解決に向けて取り組んでいるところだ」と説明する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...