「GPT-4o」の“すごい対話能力”が使える6つの方法はこれだ「GPT-4o」を徹底解剖【後編】

2024年5月、OpenAIはLLM「GPT-4o」を発表した。エンドユーザーや企業は、このLLMをどこで利用できるのか。GPT-4oを使う方法を6つ紹介する。

2024年07月03日 08時00分 公開
[Sean Michael KernerTechTarget]

関連キーワード

人工知能


 2024年5月、OpenAIは大規模言語モデル(LLM)「GPT-4 Omni」(GPT-4o)を発表した。同社は主催イベント「Spring Updates」でGPT-4oと人間の音声対話デモを公開した。まるで人間と話しているかのようなGPT-4oの対話能力に関心が集まった。

 GPT-4oを使いたいエンドユーザーや企業は、どのような方法でGPT-4oにアクセスできるのか。6つの方法を紹介する。

「GPT-4o」はどこで利用できる? 6つの方法はこれだ

 GPT-4oを利用する方法として、大きく6つの選択肢がある。

1.ChatGPT

 GPT-4oは、OpenAIのAIチャットbot「ChatGPT」のデフォルトLLMとして導入されている。ただし、無料ユーザーはメッセージの送受信数に制限がある他、画像やファイルアップロード、データ分析など、一部機能を利用できない。

2.ChatGPT Plus

 ChatGPTの有償版「ChatGPT Plus」のユーザーは、無料ユーザーに課される制約は受けず、GPT-4oの全機能を使用できる。

3.API

 開発者はOpenAIのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を使用してGPT-4oにアクセスできる。自社のアプリケーションにGPT-4oの機能を組み込み、さまざまなタスクに活用できる。

4.デスクトップアプリケーション

 OpenAIは2023年5月、OS「Windows」搭載のPCやクライアントデバイス「Mac」向けに、デスクトップアプリケーションを配信する計画を発表した。GPT-4oも利用可能となる計画だ。

5.GPTs

 「GPTs」(GPT Builder)は、ユーザーがGPTをカスタマイズし、特定のビジネスニーズに特化したGPTを作成できるサービスだ。作成したアプリケーションは、OpenAIのアプリケーションストア「GPT Store」で公開できる。

 従来は有料版ユーザーのみ使用できたが、GPT-4oの登場と併せて、無料版ユーザーもGPTsの一部機能を利用できるようになった。

6.Azure OpenAI Service

 Microsoftの「Azure OpenAI Studio」内で、GPT-4oの機能をプレビュー版で検証できる。Azure OpenAI Studioは、独自のAIツール(AI技術を活用したツール)を構築、検証、評価、デプロイ(展開)するためのツールだ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...