クラウド料金を抑えるには? Google Cloud Storageのベストプラクティス4選クラウドストレージのコスト削減術【後編】

Google Cloud Storageの料金はさまざまな要因で変化する。コストを抑えるにはどのようにすればよいのか。ベストプラクティスを紹介する。

2024年02月27日 05時00分 公開
[Julia BorginiTechTarget]

 Google のクラウドストレージ「Google Cloud Storage」(以下、Cloud Storage)は、複雑なオプションを選ぶとコストが急激に上がる可能性がある。初期段階でニーズに合わせた設定をしておくことが大切だ。

 Google Cloud Storageを利用する際にどのようなことに気を付ければいいのか。4つのベストプラクティスを解説する。

Google Cloud Storageコスト管理のベストプラクティスとは

1.トラフィックの消費量を予測する

 Cloud Storageでは、トラフィック(ネットワークを流れるデータ)の消費量が料金に影響を与えるため、次のような指標を基に予測を立てることが重要だ。

  • データ量と転送速度
  • 1秒当たりの操作数
    • バケット(データ保存領域)とオブジェクト(バケット内の各ファイル)に対する、1秒当たりの操作数。作成、更新、削除といった操作もカウントされる。
  • キャッシュ制御
    • 通常はキャッシュ制御に関する設定は料金に影響を与えないが、特定のオブジェクトに関するメタデータの設定は、データの読み取り速度に影響を与える可能性があるため、キャッシュ制御の利用状況の理解が大切だ。

2.ロケーションのニーズを把握する

 Cloud Storageで地理的に異なるデータセンターにデータを分散や複製して冗長化する場合、同じ大陸内のリージョン2つを指定する「デュアルリージョン」か、異なる大陸をまたいで2つ以上のリージョンで冗長化する「マルチリージョン」を選べる。

 どちらの方法でも、最低100マイル以上離れたデータセンターでデータを保存できる。データを保存する場所は障害発生時の復旧時間目標(RTO)に影響するため、特に機密データやビジネス上の重要なデータを扱う場合は考慮する必要がある。

 各方式の料金差は一見するとわずかだが、ストレージ容量が増加するとコストも大幅に増加する可能性があるため、確認しておく必要がある。

 例えば、北米のリージョンにおいてストレージクラス(メニュー)に「Standard」を指定した場合、単一リージョンだと1GB当たり月額0.020〜0.023ドルとなる。デュアルリージョンの場合は月額0.022〜0.0506ドルだ。マルチリージョンでは一律で月額0.026ドルとなっている。

3.データ可用性のニーズを考慮する

 保管するデータは、ユーザーが頻繁にアクセスする「ホットデータ」なのか、コンプライアンス(法令順守)目的の「アーカイブデータ」であるかの理解が重要だ。アーカイブデータはアクセス頻度が比較的低いために、可用性が低いストレージクラスを選ぶことでコストを抑えられる可能性がある。

 可用性を確保するには、Google Cloud Storageのロケーション設定で、デュアルリージョンまたはマルチリージョンを検討するといい。これにより、ストレージパスを変更せずにいつでもデータにアクセスでき、RTOを抑えることができる。

4.Cloud Storageの割り当てと制限を適切に設定する

 Cloud Storageでは、バケットやオブジェクト、ネットワークの使用量、API(アプリケーションプログラミングインタフェース)のリクエスト(処理要求)などに割り当てとリクエストの制限が設けられている。

 これらはストレージネットワーク全体でのデータのボトルネックを防ぎ、スムーズな運用と良好なパフォーマンスを保証するためのものだ。ユ―ザーは一部領域で割り当てを増やせるが、リクエスト制限の緩和はできない。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news171.png

2024年のGW予算は横ばい 賃上げよりも物価高と円安の影響が勝る?――インテージ調査
インテージが全国の15歳から79歳の男女を対象に実施したゴールデンウイークに関する調査...

news148.jpg

CNN幹部が語る、メディアビジネスにとってのAIのリスクと機会
生成AIがコンテンツを量産し、真偽の明らかでない情報があふれかえる中、メディアの価値...

news016.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年4月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。