Google Cloudの「割引サービス」はどういう場合に使うべき?確約利用割引(CUD)をマスターしよう【後編】

Google Cloudで利用できる「確約利用割引」(CUD)などの割引サービスは、どのような場合に使うと有効なのか。活用例を紹介するとともに、企業が割引サービスで得られるコスト以外のメリットも説明する。

2023年11月20日 05時00分 公開
[Will KellyTechTarget]

 Googleは、同社のクラウドサービス群「Google Cloud」において、年間契約を結ぶユーザー向けに、サービスの割引制度「確約利用割引」(Commited Use Discount、以下CUD)を提供している。CUDが有効なユースケースと、それ以外の割引サービス、CUDによって企業が得られるコスト以外のメリットなどを紹介する。

割引サービスでお得になる2つのユースケースとは

 CUDが有効なユースケースは次の通りだ。

  • 使用リソースが一定のアプリケーション
    • リソースの使用量が安定しているサービスはCUDを適用しやすい。例えば、データベースを搭載した社内報告用のアプリケーションが該当する。このようなアプリケーションは、計算能力とストレージの需要が安定していて、ユーザー数がコントロール可能であるため、CUDの良い適用例だ。
  • 使用量が予測可能なサービス
    • 使用するリソースや料金が予測可能なサービスにはCUDを適用できる可能性がある。例えば、仮想マシン(VM)が停止してもデータが削除されないクラウドストレージサービスの「永続ディスク」は、一般的にユーザーがバックアップを取るタイミングが決定しているため使用するリソース量の予測が外れにくい。
    • 予測可能なサービスを探すには、クラウド管理ツールで処理の傾向を確認するとよい。3カ月、半年、1年といった単位で過去のクラウドサービス使用実績データを分析することで、CUDの適用可能性を評価できる。

 CUDを積極的に活用することで、企業が得られる金銭以外のメリットを紹介する。

  • 需要の増減を予測しやすくなる
    • CUDを利用しようとする際は、クラウドサービスをどのように使っていくか計画を立て、ロードマップに落とし込む必要がある。この過程が、需要の変化を予測する精度の改善につながる。DevOps(開発と運用の融合)と自動化の手法を開発プロセスに導入することでさらに精度は改善するだろう。
  • 開発者が安心できる
    • CUDを利用し、必要なリソースを事前に確保できることは、開発者にとっては安心感につながる。

 CUD以外にもGoogleは割引サービスを用意している。CUDと同時に使える割引サービスには例えば以下がある。

  • 継続利用割引
    • リソースを1カ月のうち25%以上の時間利用することで使える。
  • プリエンプティブルVMインタンス
    • Google Cloudの余剰リソースを利用する。他のアプリケーションにリソースが必要になると、Googleによっていつでもシャットダウンされるという制約がある。

 クラウドサービスの利用計画やシステム設計の段階でコストを最適化するためには、技術部門と事業部門の関係者が協力する必要がある。混在する割引の仕組みを管理するには、企業内のクラウドサービスユーザーが「FinOps」のチームと密接に協力する必要がある。FinOpsとは、クラウドサービスにおける支出を正確に管理して、コストを削減するための運用モデルだ。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...