クラウドサービスが見る見るうちに安くなり得る“3つのこつ”クラウドサービスの無駄遣いを防ぐ方法【第6回】

クラウドサービスのコストを削減するには、利用するクラウドサービスそのものを見直すことが役立つ。クラウドサービスの無駄遣いを防ぐために試す価値のある手段を紹介しよう。

2023年10月19日 07時00分 公開
[Will KellyTechTarget]

 クラウドサービスのコスト削減のためには、社内でクラウドサービスのリソースやライセンスを必要以上に契約する無駄遣いが発生していないかどうかを確認する必要がある。無駄遣いが発生している場合、それを解消するにはどうすればよいのか。クラウドサービスの無駄遣いを防ぐ3つ目の方法を紹介しよう。

3.無駄の生まれにくいクラウドサービスを選ぶ

 以下の3つを生かせば、クラウドサービスの無駄をなくしやすくなる。

1.クラウドコスト最適化ツールを使用する

 Amazon Web Services(AWS)の「Amazon CloudWatch」やMicrosoftの「Azure Monitor」、Googleの「Cloud Monitoring」など、大手クラウドベンダーはクラウドサービスのコスト管理に役立つツールを提供している。サードパーティーベンダーのコスト管理ツール市場も急成長している。これらのツールは、社内のクラウドサービスの利用状況に関する詳細な情報を提供し、ユーザー企業がコスト削減可能なクラウドサービスを特定するのに役立つ。

2.リザーブドインスタンスを契約する

 仮想マシン(VM)サービスは「リザーブドインスタンス」(「確約利用割引」とも)と呼ばれる割引プランを容易していることがある。これはユーザー企業が一定の期間、特定の数やスペックのVMを使用することを確約すると、利用料金の割引が受けられるプランだ。リザーブドインスタンスを使うには、事前にアプリケーションを分析し、確実に必要となるリソースを見積もることが必要だ。

3.イベント駆動型サービスを採用する

 イベント駆動型サービスを利用すると、ユーザー企業はプログラム実行時に使用したリソースに対してのみ料金を支払うことができるようになり、事前にリソースを確保する必要がなくなる。ユーザー企業は使用した分だけ利用料金を支払うため、コスト削減につながる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

GartnerのCMO調査の結果が示唆する低予算時代のマーケターが生きる道
Gartnerが欧米のマーケティング意思決定者395人を対象に実施したCMO支出調査の結果です。

news011.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年5月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news186.jpg

Webマーケティングの調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動作成が「GPT-4o」に対応
集客戦略やサービス改善のための調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動生成がOpenA...