SSDと違うコンピュテーショナルストレージの顔ぶれ どんな記憶装置なのか?コンピュテーショナルストレージへの期待【第3回】

コンピュテーショナルストレージは、データ保管の役割を担うことは一般的なストレージと同じだ。違いはどこにあるのか。主要ベンダーと併せて紹介する。

2023年10月22日 08時00分 公開
[Jim HandyTechTarget]

関連キーワード

SSD | ストレージ


 コンピュテーショナルストレージは、一般的なストレージと同様にデータを保管する役割を持ち、その形状はSSDに似ているが、SSDとは機能面で違いがある。主要ベンダーと併せて、コンピュテーショナルストレージとはどのような記憶装置なのかを紹介しよう。

先駆的なコンピュテーショナルストレージ そもそもどういう記憶装置?

 通常、SSDを利用する際は演算処理をCPU(中央処理装置)が担い、SSDからCPUにデータを転送する。コンピュテーショナルストレージはそれ自身が演算機能を持つことで、特定の機能を内部で実行する。特定用途の演算機能をあらかじめ実装している製品もあれば、プログラム可能な製品もある。

 次に挙げる4社は、コンピュテーショナルストレージの市場をけん引してきたベンダーだ。

ScaleFlux

 データセンター向けの製品を提供するScaleFluxは、「CSD 3000」と「CSD 2000」の2種類のコンピュテーショナルストレージを提供している。CSD 2000は、プログラム可能な集積回路「FPGA」(Field Programmable Gate Array)を搭載している。特定用途向けの集積回路「ASIC」(Application Specific Integrated Circuit)を使用する場合よりも製造コストがかかるが、市場投入までの時間は短縮する。CSD 3000は独自のASICを使用している。

NGD Systems

 NGD Systemsは、コンピュテーショナルストレージ市場を初期から支えたベンダーだ。同社のフラッシュストレージ「Newport」シリーズは、ASICとArm製のCPUコアを使用して、ストレージ内のデータを処理する。NGD Systemsは、ストレージの業界団体Storage Networking Industry Association(SNIA)が進めるコンピュテーショナルストレージの標準化作業を支援してきた。

Eideticom Communications

 Eidetic Communicationsは、プロセッサベンダーのAMD(Advanced Micro Devices)とKoch Industries傘下のBittWare(ハードウェア製造企業)と連携し、さまざまなコンピュテーショナルストレージ向けのプロセッサを製造している。同社のデバイスは、ストレージインタフェースNVMe(Non-Volatile Memory Express)接続のSSDに組み込まれ、演算機能を提供する。

NVXL Technology

 NVXL Technologyは、ストレージベンダーBiTMICRO Networksから独立してコンピュテーショナルストレージを開発する企業だった。同社は製品を発表することなく倒産してしまったようだ。同社のWebサイトは閲覧できなくなっている。


 第4回は、コンピュテーショナルストレージが普及する上で課題になる点を考察する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...

news060.jpg

広報担当者の悩みあるある「取材を受けたのに思ったような記事にならないのは何故?」
自社や自社の製品・サービスについて広く知ってもらうためにメディアの取材を増やすこと...