AWS、Azure、GCPの“実は使っていない無駄リソース”をあぶり出すツールとは?クラウドサービスの無駄遣いを防ぐ方法【第4回】

リソースの利用状況を詳細に監視することは、クラウドサービスの無駄遣いを防ぐための有力な手段だ。監視に役立つツールを説明する。

2023年10月03日 07時00分 公開
[Will KellyTechTarget]

 クラウドサービスの使い過ぎを防ぐには、契約前後の対策が重要だ。クラウドサービスの無駄遣いを防ぐために、ユーザー企業が実践できる方法は大きく3つある。

1.リソースの利用状況を監視する

 ユーザー企業は定期的にクラウドサービスの使用状況を追跡し、使い過ぎている可能性があるリソースを特定する必要がある。簡単に利用を始められるのは、クラウドベンダーが提供している以下のリソース監視ツールだ。

  • Amazon Web Services(AWS)の「Amazon CloudWatch」
  • Microsoftの「Azure Monitor」
  • Googleの「Cloud Monitoring」

 企業のIT部門は「クラウド管理プラットフォーム」(CMP)を使用して、クラウドサービスのリソースの利用状況を監視し、割り当て方を考えることができる。IBMによるリソース監視ツールベンダーTurbonomicの買収など、CMP市場は変化が大きい市場だ。IT部門は入念にCMPを調査する必要がある。

 クラウドサービスの運用管理を担当するエンジニアは、CMPを導入前に試すことが大事だ。CMPの監視機能とレポート機能を使い、自社のリソース監視に必要な機能が十分にあるかどうかを確認する。


 第5回は、クラウドサービスの無駄遣いを防ぐための2つ目の方法を説明する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...