「勝手なクラウド契約」を“絶対に許してはいけない”のはなぜ?クラウドサービスの無駄遣いを防ぐ方法【第3回】

クラウドサービスのコストを削減するにはまず、クラウドサービスを必要以上に契約する無駄遣いが生じていないかどうかを確認する必要がある。クラウドサービスの利用方法を見直し、無駄遣いを防ぐ方法を説明する。

2023年09月28日 07時00分 公開
[Will KellyTechTarget]

 クラウドサービスのコストがかさむ理由に、必要以上のクラウドサービスのリソースやライセンスを契約していることが挙げられる。クラウドサービスのコストを削減するにはまず、クラウドサービスの利用方法を見直す必要がある。クラウドサービスの無駄遣いが生じる理由と、その改善方法を説明する。

3.各部門が個別に契約している

 異なる部門がそれぞれ独立してクラウドサービスを調達する場合、部門間の連携が取れていないために、過剰なリソースやライセンスを調達してしまう可能性がある。特に企業規模が大きいほど、部署間で分散してクラウドサービスの契約を推し進める傾向がある。クラウドサービスを契約する際のルールは、できる限り全社で統一すべきだ。クラウドサービスの管理体制が欠如し、IT部門のガバナンスが取れないと、コストが増大しやすくなる。

4.シャドーITを放置している

 IT部門の承認を受けていない「シャドーIT」として業務部門が契約したクラウドサービスは、コストの増大を引き起こす可能性がある。例えば、ある部門が個別に契約したクラウドサービスは、全社的にクラウドサービスのリソースを一元管理することによるスケールメリットを受けにくい。


 第4回は、必要以上にクラウドサービスを契約してしまうのを防ぐためのポイントを説明する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。