2021年12月21日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドの“無駄遣い”を招く「エグレス料金」を抑える方法クラウドの「エグレス料金」を管理する方法【後編】

クラウドサービスで扱うデータ量が増大したときに注意すべきなのは「エグレス料金」だ。利用料金が高額になるのを防ぐには、どのような対策を講じればよいのか。

[Brian Kirsch,TechTarget]

 企業が生成するデータは増大を続けている。必要以上にクラウドサービスを使っているユーザー企業は、使い方を見直した方がよい。クラウドサービスから外部のインフラにデータを送信(エグレス)するときに、料金がかかるからだ。前編「“クラウド破産”の真犯人? 『エグレス料金』を無視できない理由」に続く本稿は、エグレス料金を抑えてクラウドサービスを利用するための戦略を説明する。

クラウドの「エグレス料金」を抑えるために、IT担当者は何をすべきか

 クラウドサービスの使い方を変えるには、クラウドサービスで動くアプリケーションがどのようなコスト要素を含んでいるかを理解することが重要だ。

 アプリケーション開発にIT部門のインフラチームが携わる場合、インフラチームが意思決定の場に参加することは意味がある。アプリケーションのデータ転送の仕組みがエグレス料金に与える影響について、開発チームの担当者が理解できるように、インフラチームは設計の変更内容を精査し、助言する必要がある。

 保管するデータの可用性や動画データの品質を低くすることで、エグレス料金を抑えることもできる。何年にもわたって完全なデータにすぐにアクセスできることや最高画質の動画が必要ないのであれば、こうした方法が有効だ。多少の不便が生じるとしても、システムへの負荷とクラウドサービスの利用料金の両方を減らすことができる。

 コストを最小限に抑えるには難しい選択が必要になることがある。これはクラウドサービスのコストと利便性のバランスを取る取り組みのため、判断を誤る可能性もある。最適な決断をするには、IT部門の担当者同士の密な情報交換や、意思決定に参加する全員との議論が必要になる。

 現場の人材の意見はまとまりにくいものだ。それでも、あらゆる観点から知見を得れば妥協点が見つかる。クラウドサービスの利用料金や料金体系は変動することがあるため、クラウドベンダーの動向に常に注目しておくことも必要だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...

news038.jpg

コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり...

news013.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年7月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。