2020年12月23日 05時00分 公開
特集/連載

GCPからAWSへの移行時に見過ごせない「コスト」の問題とはGCPとAWSで確認するIaaS移行のポイント【第4回】

GCPからAWSへアプリケーションを移行させた後に後悔しないために、あらかじめ検討が必要なポイントが「コスト」だ。GCPとAWSの料金体系の違いを踏まえて、コスト面での注意点を説明する。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services | Google | IaaS


 IaaS(Infrastructure as a Service)で稼働するアプリケーションを別のベンダーのIaaSに移行させる場合に注意したいことは、移行時や移行後にかかるコストだ。例えば「Google Cloud Platform」(GCP)から「Amazon Web Services」(AWS)にアプリケーションを移行させる場合、両者に同じようなクラウドサービスがあったとしても、料金体系は異なる可能性がある。第3回「『GCP』から『AWS』への移行に失敗しない代替サービスの選び方」に続く本連載の第4回は、GCPからAWSへのアプリケーション移行を検討するときのコスト面での注意点や、移行が妥当かどうかを考えるポイントを説明する。

GCPからAWSへの移行時に見逃せないコスト問題

 クラウドサービスは、一般的にはデータの送受信量やユーザー数、クエリ数に基づく料金体系を採用する。アプリケーションのバックエンドにイベント駆動型コード実行サービスを利用しているときは、コストへの影響を考慮する。GCPとAWSは、コードの呼び出し回数や利用期間、ネットワークの使用に対して課金する。

 GCPのイベント駆動型コード実行サービス「Cloud Functions」は呼び出し回数が月間200万回を超えると、100万回の呼び出しごとに0.40ドルを課金する。AWSの競合サービス「AWS Lambda」は呼び出し回数が月間100万回を超えると、100万回の呼び出し当たり0.20ドルを課金する。加えてコンピューティングの実行時間とネットワーク使用量にも追加料金がかかる。そのためアプリケーションをCloud FunctionsからAWS Lambdaに移行すると、イベント駆動型コード実行サービスの利用料金が変わる可能性がある。

 データのエグレス(出力)料金も見過ごすことはできない。クラウドサービスへのイングレス(入力)料金が無料や安価であっても、エグレスにはより多額の利用料金を課される場合がある。例えばGCPの仮想マシンサービス「Compute Engine」をアイオワ(us-central1)リージョンで使う場合、10TB(テラバイト)以上のデータをGCP外へ移行させる場合、1GB当たり0.08ドル以上かかる。データ量の大きいアプリケーションの移行には、多額のエグレス料金が課される可能性がある。

移行支援サービスの活用も検討

 GCPからAWSにアプリケーションを移行させるに当たり、社内の専門知識やツールが不足している場合は、クラウドサービス間の移行支援サービスの利用を考える。例えば「AWS Professional Services」(AWSプロフェッショナルサービス)はユーザー企業のIT部門を支援し、コスト効率の高いインフラの開発を支援するサービスだ。「AWS Migration Competency Partners」(AWS移行コンピテンシーパートナー)として認定されたパートナー各社のサービスを利用することもできる。


 本連載の各回の要素を全て検討した結果、GCPからAWSへのアプリケーション移行が適さないことが判明することがある。GCPに構築したアプリケーションをAWSに移行させるよりも、新しくSaaS(Software as a Service)に移行した方が自社のニーズに適する可能性もある。

 IaaS間の移行に適していないアプリケーションもある。移行先のIaaSではアプリケーションを稼働させるために重要なクラウドサービスを利用できなかったり、SLA(サービス品質保証契約)の要件を満たさなかったりするといったことは、よくある理由だ。こうしたアプリケーションは継続して再検討や再評価をした方がよい。GCPでホストしているアプリケーションが古かったり、使用頻度が少なかったりするのであれば、完全に使用するのを止めるのも選択肢だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...