2019年05月13日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドから別のクラウドへのデータ移行を容易にする手段10選マルチクラウド環境のデータ連携を考える

複数のクラウドを利用するマルチクラウド環境では、データの移行が複雑になる。クラウド同士のデータ移行に利用できる10個の製品/サービスと、その特徴を解説する。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 ストレージをクラウドに移行するツールは増えつつある。マルチクラウド環境でデータを移行する場合、クラウド同士でデータを移行するツールなど、より包括的なサービスが必要になることもある。

CloudEndure

 ユーザー企業のマルチクラウドへの移行を支援する手段に、CloudEndureの同名ツールがある。このツールはSaaS(Software as a Service)で、ストレージなどのリソースの移行に伴う複雑さやリスクの低減を目的としている。オンプレミスの物理環境や仮想環境、クラウドの各環境間でのデータ移行を自動化し、同時に保存時と移動中のデータを保護するエンタープライズレベルのセキュリティも提供する。

画像 CloudEndureの管理画面

Multicloud Portfolio

 Cisco Systemsの「Multicloud Portfolio」は、マルチクラウド環境を管理しながら、データガバナンスを維持するための製品群だ。上記のCloudEndureは、Multicloud Portfolioの一部としても提供されている。

UnitedLayerのクラウド移行サービス

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...