2019年05月13日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドから別のクラウドへのデータ移行を容易にする手段10選マルチクラウド環境のデータ連携を考える

複数のクラウドを利用するマルチクラウド環境では、データの移行が複雑になる。クラウド同士のデータ移行に利用できる10個の製品/サービスと、その特徴を解説する。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 ストレージをクラウドに移行するツールは増えつつある。マルチクラウド環境でデータを移行する場合、クラウド同士でデータを移行するツールなど、より包括的なサービスが必要になることもある。

CloudEndure

 ユーザー企業のマルチクラウドへの移行を支援する手段に、CloudEndureの同名ツールがある。このツールはSaaS(Software as a Service)で、ストレージなどのリソースの移行に伴う複雑さやリスクの低減を目的としている。オンプレミスの物理環境や仮想環境、クラウドの各環境間でのデータ移行を自動化し、同時に保存時と移動中のデータを保護するエンタープライズレベルのセキュリティも提供する。

画像 CloudEndureの管理画面

Multicloud Portfolio

 Cisco Systemsの「Multicloud Portfolio」は、マルチクラウド環境を管理しながら、データガバナンスを維持するための製品群だ。上記のCloudEndureは、Multicloud Portfolioの一部としても提供されている。

UnitedLayerのクラウド移行サービス

ITmedia マーケティング新着記事

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。