2017年07月11日 05時00分 UPDATE
特集/連載

一様にシンプルで安価な方向へ2025年、企業を待ち受けるネットワークの未来はつまらない? 4つのトレンド

2025年、企業や団体にとってネットワークの未来とはどのようなものになるのだろうか。予測できる4つトレンドを紹介する。

[Craig Mathias,TechTarget]
《クリックで拡大》

 ここ数年、Farpoint Groupでは、クライアントベースの典型調査を非公式に行ってきた。対象はメーカーとエンドユーザー企業で、質問は「2025年に、未来のネットワークはどのようになっているか」というシンプルな自由回答式のもの1つだけだ。

 ネットワークは1980年代初期に普及し始めた。それ以降、驚くほど多くの基本的なテクノロジー、プロトコル、構成が開発および導入されたことで、ネットワークは幾つもの紆余曲折を経てきた。今日のモバイル中心の無線LANがネットワークの末端を支配する現在、実質的にWi-Fiが全てのユーザーから好まれるアクセス方法であり続けるのは間違いないだろう。ただし、バックホールと相互接続については有線のイーサネット基盤が欠かせない。

 大幅に勢力を増している「IEEE 802.11ac Wave 2」も、2025年になれば少々古くなるだろう。ただし「IEEE 802.11ax」やその10Gbpsのスループットに完全に取って替わられることはなく、依然として使用されるだろう。ネットワークへのアクセス方法としては、引き続きWi-Fiが優位に立つだろう。これについては特に驚くことはない。

 しかしネットワークの未来を考えるにつれて、他の興味深い幾つかのトレンドがあることに気が付いた。それを以下に示す。

2025年のネットワークはどうなっているか

1.無線LANコントローラーの終わり

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

LINE広告、「ウォレット」タブでの広告配信を開始
LINEのさまざまなサービスのゲートウェイである「ウォレット」タブ上で運用型広告の配信...

news083.jpg

メルカリ調査で判明 フリマアプリは「新品」の購入も後押しする
フリマアプリの普及で中古品の二次流通が活発になると新品が売れなくなると思われがちで...