歴史からひも解く、「新しいOffice」ができるまでクラウドや競合で様変わりしたMicrosoft Office

米Microsoftの「Office 2013」「Office 365」には、さまざまな提供形態やエディションが用意されている。その背景には、クラウドの普及や競合の存在があった。

2013年02月20日 08時00分 公開
[Stuart J. Johnston,TechTarget]

 Microsoft Officeが登場する前、人々はワードプロセッサなどのプログラムを個別の製品として購入していた。米Microsoftは1989年、「Office」というアプリケーション統合パッケージを発売した(ちなみに、最初のバージョンはMacintosh用だった。Windowsは1990年まで重要なOSにはなっていなかった)。それがOfficeの始まりであり、以後、巨大なヒット製品へと成長していく。

 Microsoftは、その後Officeデスクトップアプリケーションと連動するサーバアプリケーション統合パッケージ「Microsoft BackOffice」をリリースする。この製品には、「Windows Server(当時はWindows NT Server)」やメールシステムの「Microsoft Exchange Server」、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)の「Microsoft SQL Server」が含まれていた。さらに時を経て、ユーザーやグループのコラボレーションを支援する「Microsoft SharePoint Server」、コミュニケーションを統合するための「Microsoft Lync Server」などのバックエンドコンポーネントが追加された。

 このパッケージは有益かつ直観的なモデルで、ITやライセンス管理の担当者にとって一般的に理解しやすかった。デスクトップ用生産性アプリケーションのバンドルとサーバソフトのバンドルが連係する比較的シンプルなコンセプトから、今日の複雑な製品ラインアップに至るまで、Microsoftはわれわれにどのようなメリットをもたらしたのだろうか?

 クラウドは、さまざまなコンピューティングサービスをユーザーに提供するための方法を変容させつつある。それは同時に、Microsoftに大きな難問を突き付ける。ユーザーがサブスクリプションベースで進んで支払おうとする金額で、フロントエンドとバックエンドの機能をどのようにパッケージ化し、販売すべきか。こうした変化に対応するため、クリティカルなデータやアプリケーションをクラウドへ移行することに不安を覚えるITプロたちの要求に、Microsoftは応えていかなければならないのだ。

 「Microsoft Officeは、安価または無料のデスクトップアプリケーションとの競合に直面している。Webブラウザで動作する『Googleドキュメント』『IBM SmartCloud Docs』などだ」(参考:Office 365、Google Docsを超える? IBMのクラウド型オフィススイートに高まる期待)。そのためMicrosoftは、Office 2010からブラウザベースのスリム化したOfficeアプリケーション「Office Web Apps」を提供するようになった。Office Web Appsは、Microsoft Officeのような完全な機能を備えているわけではないが、次第にその方向へと進んでいる。

BPOSの後継として生まれた「Office 365」

 Microsoftは、当初「Microsoft Business Productivity Online Suite(BPOS)」というバックエンドサーバサービスを提供していた。BPOSは、サブスクリプションベースでサーバソフトウェア機能を提供するためのサービスだった。

 しかし2011年、Office 365の投入とともに、その戦略は変更される。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...