2019年03月11日 05時00分 公開
特集/連載

5G、クラウド、ギガビット無線LANで企業ネットワークインフラが消滅する日ITインフラは「究極の仮想化」へ 

クラウド、5G、スモールセル、BYODなどによって、企業のネットワークインフラが完全になくなる可能性はあるだろうか。将来的になくなる可能性が大いにある。

[Craig Mathias,TechTarget]
画像

 数年前、筆者は「極度の仮想化」(EV=Extreme Virtualization)という考え方を提唱した。これは、企業のITインフラを、アクセスポイント、イーサネットスイッチ、WAN接続など、インターネット接続に不可欠な要素だけを残し、それ以外はなくす、という考え方だ。つまりサーバ、ストレージ、運用/管理ツールなどは全てクラウドを利用する。

 ただし、この考え方に立ちふさがる技術的な問題が幾つかある。最大の障害は、インターネットサービスプロバイダー(ISP)接続のパフォーマンスだ。そのような課題は確かにあるが、それでも筆者はITインフラをアウトソーシングと仮想化によって極限まで縮小させることが、大企業を含め、企業のIT部門に求められる将来の理想的な形態だと考えている。

 クラウドは、信頼性、拡張性、低コストといったメリットを、ネットワークにもたらすようになった。WANの伝送速度が向上し続けているため、EVは今後10年以内に実現する可能性がある。

 そこでEVの考え方をさらに広げ、「究極の仮想化」(UV=Ultimate Virtualization)という考え方を提唱したい。UVは、ITインフラを全く必要としない。つまり、企業にはLAN、無線、その他ネットワークに関連するものは何も必要なく、オンプレミスのITインフラとしてはユーザーが仕事をするために持ち込むデバイスだけが存在する。

コスト構造を変えるネットワークのアウトソーシング

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...