2019年01月23日 05時00分 公開
特集/連載

5G計画に着手する前に確認しておきたい「今後の見通し」予想よりもコストが高くなるかもしれない?

2019年は、ネットワーク業界に新たな進展が予想される。中でも、一般には5Gとして知られる第5世代のワイヤレステクノロジーの実証実験が増えるだろう。それに伴い、課題も増えると予測する。

[Michaela Goss,TechTarget]
画像 5Gは今後どう進化するのか

 2019年は都市部での5Gサービスの導入が進むと予測される。企業も数年後の完全導入に向けて準備を進めているだろう。だが、こうした動きが起きる前に、企業は5Gの現状と、将来に向けた計画にどのように着手するかを理解しておく必要がある。

 本稿では、5Gネットワーク計画への着手方法について、専門家の見解をまとめた。その見解は5Gの基礎から将来の予測まで多岐にわたる。

5Gモバイルテクノロジーに向けたネットワーク担当者の準備

 ネットワークエンジニアのリー・バッドマン氏によると、業界の5Gへの移行についてネットワーク担当者は必要な情報の全てを入手していない可能性があるという。同氏は、5Gテクノロジーが業界専門家とその業務に及ぼす影響についての自身の考え方を紹介している。

 バッドマン氏は、無線LAN向けの5Gという名前は混乱を招くと話す。それは、モバイルテクノロジーの名前の付け方と同じだからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

「Spotify」がさらに市場拡大 まさに音速の勢いでアフリカ大陸まで届く
「Spotify」の10億人ユーザー獲得への成長ロードと、パンデミック後へのしたたかな戦略

news125.jpg

電通「LGBTQ+調査2020」 性的少数者が企業に「望むことがある」業種 最多はメディア
LGBTQ+に対する意識と知識、当事者と企業などの関係についての調査です。

news112.jpg

集英社が主要Web媒体の広告枠をアドベリフィケーション対応に
主要媒体の基本的な純広メニューおよびPMPでのディスプレイ広告につき、あらかじめ広告主...