2018年10月17日 05時00分 公開
特集/連載

サービス事業者が5Gを提供するB2B2Xモデル5Gで何が変わるのか? 「品質保証」だからできるIoT時代のサービス

2020年に実用化を目指す「5G」。これまでの移動通信ネットワークとの違いはどこにあるのか、国内の課題と用途を想定して考える。

[遠藤文康,TechTargetジャパン]
画像 5Gは「超高速」「超低遅延」「多数接続」の特徴を持つ(出典:総務省・情報通信審議会)

 5G(第5世代移動通信システム)の商用化に向けた準備が進んでいる。IoT(モノのインターネット)時代を支える移動通信ネットワークとして期待されている5G。LTE(Long Term Evolution)など4G(第4世代移動通信システム)に位置付けられる既存技術と比較して、どのような違いがあるのだろうか。

 通信事業者や各種サービス事業者が実用化に向けて実証実験を進め、「超高速」「超低遅延」「多数接続」の3つの特徴を備える5Gの可能性が、徐々に具体化している。5Gの見どころは、4Gをはるかに上回るその性能だけではない。注目すべきは、5Gをいかに活用するかに関して、サービス事業者側からの意見を基に実用化に向けた取り組みが進んでいることだ。これは4Gまでの移動通信ネットワークの動きを見れば極めて珍しい。

品質を保証する5G独自の技術

ITmedia マーケティング新着記事

news073.jpg

デロイト トーマツ「Tech Trends 2019日本版」、次世代のマーケティングについて書いてあること
技術そのものよりも、デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて、それらを使いど...