実はアプリ開発の“あの技術”は重要じゃなかった? Red Hatが調査IT予算に関する企業の本音【後編】

企業がアプリケーション開発において、重視している方針を調査したところ既存アプリケーションのモダナイゼーションが最上位だった。一方で、企業はある項目については重視していないことも分かった。

2024年04月18日 08時00分 公開
[Cliff SaranTechTarget]

 ソフトウェアベンダーのRed Hatは、組織におけるITの予算策定や製品・サービスの購買に関与する人物をITリーダーとして位置付け、世界各国のITリーダーを対象にテクノロジーの動向を調査した。

 自社アプリケーション開発の動向について最も予算を振り分けている分野を尋ねた設問では、「既存アプリケーションのモダナイゼーション(最新化)」が最多となり、全体の45%を占めた。一方で、アプリケーションの開発動向に関するある結果は、Red Hatを驚かせた。

企業が実は重視していないアプリ開発の「あの技術」とは?

 Red Hatが驚いた調査結果は、全ての地域で、人工知能(AI)技術と機械学習(ML)のアプリケーションの作成と、セキュアなコーディング手法/ツールの作成の優先度がかなり低かったことだ。

 「現在の予算確保の優先順位によって、企業が重点を置くテクノロジーが決まるわけではない。だがセキュアなコーディング手法/ツールは前年比で数ポイント順位を下げており、前々年比ではさらに数ポイント下げている」とRed Hatは報告する。

 調査では、「DX」(デジタルトランスフォーメーション)の成功を妨げる要因が数年間、変わっていないことも判明した。DXを妨げる要因に「手動のIT運用」「技術的負債」「スキル不足」「人材不足」などが上位に挙げられているが、これらは数年前から一貫している。

 レポートは次のように指摘している。「多くのIT分野でオペレーションの自動化が極めて重要なトピックになっている。セキュリティの自動化、クラウドサービスの自動化、サービスデリバリーの自動化などが企業の予算確保の最前線にある」

 予算確保の優先順位における望ましい結果について問い掛けたところ、ITリーダーは自社の安全性と効率を高めたいと考えていることが明らかになった。EMEA(欧州、中東、アフリカ)のITリーダーの43%がセキュリティとデータ保護の強化に予算を確保していると答え、42%が効率の向上を望んでいると答えた。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき...

news014.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年5月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...