2020年12月01日 10時00分 公開
ニュース

Questが「QoreStor」新版、バックアップへのクラウドストレージ活用をより容易にTechTarget発 世界のITニュース

「QoreStor」の新版は、バックアップ先としてクラウドストレージを活用しやすくするための新機能を備える。クラウドストレージがより多用されるようになるという、開発元のQuest Softwareの読みを反映させた形だ。

[Johnny Yu,TechTarget]

 Quest Softwareは、バックアップソフトウェア「QoreStor」をバージョンアップした。新しく追加した拡張機能により、バックアップ対象としてクラウドストレージをより容易に活用できるようにする。

 新機能の「Object Direct」を使うと、ユーザー企業はQoreStor内のメインのリポジトリ(データ貯蔵庫)として、クラウドストレージに広く採用されているオブジェクトストレージを使用できるようになる。Amazon Web Services(AWS)のアーカイブ向けクラウドストレージ「Amazon Glacier」など、容量単価の低いクラウドストレージを活用したストレージ階層化も可能だ。

クラウドストレージを使ったバックアップに重複排除を確実に適用

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...