2020年12月01日 10時00分 公開
ニュース

Questが「QoreStor」新版、バックアップへのクラウドストレージ活用をより容易にTechTarget発 世界のITニュース

「QoreStor」の新版は、バックアップ先としてクラウドストレージを活用しやすくするための新機能を備える。クラウドストレージがより多用されるようになるという、開発元のQuest Softwareの読みを反映させた形だ。

[Johnny Yu,TechTarget]

 Quest Softwareは、バックアップソフトウェア「QoreStor」をバージョンアップした。新しく追加した拡張機能により、バックアップ対象としてクラウドストレージをより容易に活用できるようにする。

 新機能の「Object Direct」を使うと、ユーザー企業はQoreStor内のメインのリポジトリ(データ貯蔵庫)として、クラウドストレージに広く採用されているオブジェクトストレージを使用できるようになる。Amazon Web Services(AWS)のアーカイブ向けクラウドストレージ「Amazon Glacier」など、容量単価の低いクラウドストレージを活用したストレージ階層化も可能だ。

クラウドストレージを使ったバックアップに重複排除を確実に適用

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...