2021年11月15日 05時00分 公開
特集/連載

HCIの“基本”が崩れた 「拡張しにくいHCI」を変えた“あの発想”変わるHCIとベンダーの考え【中編】

「HCI」はコンピューティングやストレージのリソースを個別に拡張できないことが基本だったが、その基本が変わりつつある。どのようなHCIが市場の中心になるのか、直近の動きを追う。

[Dave Raffo,TechTarget]

 「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)は基本的にリソースを個別に拡張できない。ストレージやコンピューティングのリソースが1つの筐体(きょうたい)に組み込まれているため、何か1つのリソースを増強したい場合でも、全てを追加することが前提になってしまう。

 ただしそれは“基本”の話だ。HCIベンダーは「拡張しにくさ」を解決する方法を提供し始めている。

VMwareも着目したHCIの“あの仕組み”

 HCI市場においてVMwareやNutanixに後れを取ったベンダーは、サーバとストレージを個別に拡張できる分離型HCIを投入した。これに該当する製品は、Hewlett Packard Enterprise(HPE)の「HPE Nimble Storage dHCI」や、NetAppの「NetApp HCI」などがある。こうした分離型HCIは、VMware、Nutanix、Dell EMCといったHCIベンダーの牙城を崩すには至っていない。

 ただし古株のHCIベンダーも分離型の仕組みに注目している。VMwareは、vSANのクラスタ外のストレージリソースを利用できるようにする「vSAN HCI Mesh」という機能を追加した。この機能によって、ユーザーはHCIのクラスタ間でストレージ容量を共有可能になった。つまりユーザーはノードを追加で購入することなく、他のクラスタで余っているストレージのリソースを利用できるようになった。

 VMwareが2021年に公開した「VMware vSAN 7 Update 2」は、vSAN HCI Meshの幾つかの機能を拡張した。このアップデートで、vSANクラスタ外にあるサーバとvSANのリソースを共有することが可能になった。以前のバージョンでは、vSAN HCI MeshによってvSANのデータストアを利用できる最大ノード数は64台だったが、これが128台まで増加したことも変更点の一つだ。

 vSANを搭載するHCIアプライアンス「Dell EMC VxRail」(VxRail)は、vSAN HCI Meshによって外付けストレージをクラスタのリソースとして使えるようになった。例えば「Dell EMC PowerStore」「Dell EMC PowerMax」「Dell EMC Unity」といったストレージアレイをVxRailのクラスタに接続できる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...