ベンダー営業担当の説明は真実か? HCI導入の鉄鋼会社が取った確認方法とはコンバージドインフラからハイパーコンバージドインフラ(HCI)に移行

「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)を導入した鉄鋼会社Harrison Steel CastingsのIT担当者は、HCIベンダーの営業担当者による製品説明の真偽を確かめるべく、ある行動に出た。その行動とは。

2021年05月13日 05時00分 公開
[Garry KranzTechTarget]

 鉄鋼メーカーのHarrison Steel Castingsは、一部要素の停止によってシステム全体が止まってしまう「単一障害点」(SPOF)をなくすため、垂直統合型インフラの「コンバージドインフラ」を導入した。そこでHarrison Steelが直面した課題が、運用の煩わしさだ。コンバージドインフラに問題が生じるたびに、同社は複数のベンダーに対処を依頼する必要があった。

ベンダー営業担当者の説明は誇張か真実か? 確認のために取った行動とは

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。