Googleのハイブリッドクラウド戦略の目玉
Google新「Anthos」の「AWSで利用可能になった」こと以外の変化とは?
Googleの「Anthos」がAmazon Web Services(AWS)を含むマルチクラウドで利用可能になった。これ以外にもAnthosでできるようになったことは幾つかある。主要な変化をまとめた。(2020/6/25)

Google Cloud Platformの7つのデータベースサービス【中編】
「Cloud Bigtable」「Firebase Realtime Database」「Cloud Firestore」の違い
Googleは複数の「クラウドデータベ―ス」を提供している。その中からNoSQLの「Cloud Bigtable」「Firebase Realtime Database」「Cloud Firestore」を紹介する。それぞれ何がどう違うのか。(2020/6/4)

Kubernetesストレージの基礎【後編】
あらゆるストレージとデータソースをコンテナ化して統合する「Rook」の魅力
Rookは、各種ストレージハードウェアやクラウドストレージ、SQLおよびNoSQLデータベースをまとめてソフトウェア定義ストレージ化する。Kubernetesユーザー注目のソリューションの魅力と課題を紹介する。(2020/5/13)

マルチクラウド管理ツールの選び方【後編】
マルチクラウド管理に役立つ「IaC」「Kubernetes管理」「CASB」とは?
マルチクラウドの運用管理に役立つ「マルチクラウド管理ツール」。コンテナを運用する場合、セキュリティを強化したい場合に向けてどのようなツールがあるかを見てみよう。(2020/4/28)

マルチクラウド管理ツールの選び方【前編】
「マルチクラウド管理ツール」とは? 主要な5大機能と選定ポイントを解説
マルチクラウドの構成になると運用管理の複雑性が増してしまう。そこで重要になるのが「マルチクラウド管理ツール」だ。どのような機能を持つのか。どのような点を考慮して導入すればいいのだろうか。(2020/4/20)

曖昧になるインフラ【前編】
「真のHCI」とは何か? 「CI」との違いを見極める方法
さまざまなHCI製品が登場するにつれて、CI製品とHCI製品の境界線が曖昧になってきた。最近登場した製品を含めて、HCI製品の特徴を整理する。(2020/3/3)

「ファイバーチャネル」vs.「iSCSI」【後編】
「ファイバーチャネル」と「iSCSI」を性能、コスト、難易度など4点で比較
SANに使用するストレージインタフェースとしてFCとiSCSIのどちらを選択すべきなのか。4つのポイントで2つの技術を比較する。(2020/2/18)

自社で構築するのは大変
Kubernetes向けオープンソース管理ツールスイートSaaS登場
Kubernetesの運用管理に役立つオープンソースツールなどを統合したSaaSが登場した。この環境を独自に構築するのは容易ではない。SaaSとして利用できるなら合理的かもしれない。(2020/2/12)

「Kubernetes」か「Mesos」か【後編】
「Kubernetes」と「Mesos」 コンテナ管理にはどちらを選ぶべきか?
コンテナを連携させながら運用する場合では「Kubernetes」「Apache Mesos」のどちらを選ぶべきだろうか。システム構成や目的によって異なる選択のヒントを紹介する。(2020/1/31)

「Kubernetes」か「Mesos」か【中編】
「Kubernetes」で複数のコンテナを管理するには?
コンテナエコシステムにおいて「Kubernetes」は中心的な存在だ。さまざまな周辺ツールが存在する中で、複数のコンテナを連携させる際、Kubernetesをどのツールと併用すればよいのだろうか。(2020/1/24)

「Fat Tire」「Voodoo Ranger」のメーカーが決断
クラフトビールメーカーがクラウドをやめてHCI「VxRail」に移行した理由
ビールメーカーのNew Belgium Brewing Companyは、業務アプリケーションを稼働させていたクラウドをやめて、HCIに移行した。何が理由だったのか。(2020/1/23)

「Kubernetes」か「Mesos」か【前編】
コンテナ連携ツール「Mesos」とは? 「Kubernetes」との違いは
複数のコンテナを連携させながら管理する手段は「Kubernetes」だけではない。有力な対抗馬が「Apache Mesos」だ。Mesosにはどのような特徴があるのか。(2020/1/17)

新旧「HCI」の違い【後編】
「分離型HCI」とは何か? HCIの原型から進化したポイントは?
最近のHCIは従来型のHCIとは異なる存在のように見える。その意味するところは何か、従来型と最近のHCIの違いを説明する。(2019/12/27)

機械学習を始めるなら知っておきたいアルゴリズム5選【後編】
機械学習の代表的アルゴリズム「SVM」「k平均法」「アプリオリ法」とは?
機械学習にはさまざまなアルゴリズムがあることを知っているだろうか。代表的な機械学習アルゴリズム「SVM」「k平均法」「アプリオリ法」について紹介する。(2019/12/24)

新旧「HCI」の違い【前編】
“歴史と進化”で知る「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)とは何か
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)はその誕生からこれまでにどのような進化を経てきたのか。最新のHCIを知る上で重要な“HCIの根幹”を説明する。(2019/12/20)

オンプレミスからクラウドに移行しても逃れられない
「AWS」「Azure」「GCP」で相次ぐ障害 クラウドを信じ切ってよいのか
「AWS」「Azure」「Google Cloud Platform」で相次いでサービス障害が発生した。このことは、ユーザー企業がクラウドの障害について「いつか起こり得る問題」だと認識しなければならないことを示唆している。(2019/12/20)

自律的なDevOpsを加速させるために
“伝統的”な環境でデータを守れるか Kubernetesデータ保護の新たな選択肢とは
コンテナ化されたアプリケーションを管理し、スケーリングを“指揮”するテクノロジーとして脚光を浴びるKubernetes。今、世界規模で利用が進んでいるが、本番環境で本格的に利用するには1つ心配な点がある。(2019/12/25)

ハイブリッドクラウドが向かう先【後編】
Microsoft、AWS、Google、VMware、IBMがハイブリッドクラウドで狙うもの
Microsoftはハイブリッドクラウド環境を構築する製品として2017年に「Azure Stack」を投入した。そして2019年、「Azure Arc」を発表した。同社の動きが意味するものとは。(2019/12/19)

クラウドサービス非依存
「Kubernetes as a Service」とは何か
多くの人がKubernetesのメリットを認識しているが、これを実装するにはスキルとノウハウが必要で、何から手を付ければいいか分からない、という人もいるだろう。(2019/12/19)

「コンポーザブルインフラ」4つの疑問【後編】
コンポーザブルインフラを使うべき企業、使ってはいけない企業を分ける条件
サーバ、ストレージ、ネットワークなどのインフラのコンポーネントを必要に応じて構成可能にする「コンポーザブルインフラ」。これが適している用途もあれば、必要のない用途もある。(2019/12/13)

ハイブリッドクラウドが向かう先【前編】
Microsoftの「Azure Arc」は「Anthos」や「AWS Outposts」と何が違うのか?
Microsoftは「Azure Arc」の投入でハイブリッドクラウド分野をより強化する狙いだ。Azure Arcとは具体的にどのようなサービスで、競合ベンダーのハイブリッドクラウド製品/サービスと何が違うのだろうか。(2019/12/12)

公式な詳細情報は不明のまま
「Adobe CC」のユーザーデータ750万件が公開 本番データをテスト環境で利用
「Adobe Creative Cloud」のユーザーとAdobe従業員約750万人分のデータが公開状態となっていたことが分かった。この事件により、本番データをテスト環境で使うことの危険性が浮き彫りになったと専門家は指摘する。(2019/12/10)

「コンポーザブルインフラ」の4つの疑問【前編】
「コンポーザブルインフラ」とは何か? 何をコンポーザブルにするのか?
「コンポーザブルインフラ」の概念は分かりやすいとは言えない。コンポーザブルインフラとは何か。具体的に何をどのようにしてコンポーザブルにするのか。その疑問に答える。(2019/12/5)

事例で探る「コンポーザブルインフラ」の可能性【後編】
「コンポーザブルインフラ」がAWSより優れている点と、期待される役割は?
コンポーザブルインフラはクラウドのような特性を持っているが、クラウドとは異なる。ソフトウェアベンダーがクラウドをやめてコンポーザブルインフラを採用した理由とは。(2019/11/7)

ベンダーの評価ポイントは?
日経が基幹系とVDIのインフラに「HCI」を選んだ理由と、クラウドを選ばなかった理由
日本経済新聞社は基幹システムとVDI(仮想デスクトップインフラ)の運用環境としてハイパーコンバージドインフラ(HCI)を選択した。なぜHCIを選んだのか。導入後の評価はどうだったか。(2019/11/13)

転換期のハイブリッドクラウド【第4回】
「Anthos」などマネージド「Kubernetes」をハイブリッドクラウドに使う意味は
ハイブリッドクラウドの構築に「Kubernetes」を活用しようとする動きがある。Kubernetesを用いる利点と、関連する製品/サービスを紹介する。(2019/10/18)

ハンズオンセミナー潜入レポートでその実力に迫る
HCI市場で注目のハイパーバイザー、Nutanix AHVとは?
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は企業インフラの有力な選択肢だ。ハードウェアがコモディティ化する現在、注目すべきはソフトウェアだ。今注目のハイパーバイザーとは何か。ハンズオンセミナーからその特徴を探る。(2019/10/23)

次の注目分野は「FPGA」
歴史から探る「仮想GPU」が生まれた理由と、機械学習では“使えない”理由
仮想GPUは一見すると機械学習に適している。だが処理能力をフルに必要とする用途でなければ、仮想GPUへの投資には慎重になる必要がある。(2019/10/4)

オープンソース技術や他社のクラウドも利用可能
SAP製品にベストマッチのクラウドはAWSか、Azureか、それとも……
企業はSAPソフトウェアの運用環境に、SAPの「SAP HANA Enterprise Cloud」の他、AWSやAzureといったパブリッククラウドを選ぶことができる。それぞれのメリットとデメリット、選定のポイントを説明する。(2019/10/2)

コンテナ時代のバックアップ基礎の基礎
Dockerのバックアップ戦略――Dockerの何を保護すべきか?
Dockerは多数の抽象化レイヤーから成り、レイヤーごとにバックアップ方法も異なる。まずDockerの何を保護するのかを決めることが、バックアップ戦略のベースとなる。(2019/8/28)

マルチクラウド構成を実現
メルカリが写真検索に「Amazon EKS」を活用 マネージドKubernetesの使い勝手は
フリマアプリ「メルカリ」の写真検索機能は、マネージドKubernetesである「Amazon EKS」を採用している。どのように活用し、どのような使い勝手なのだろうか。(2019/7/30)

GCPの「ビッグデータ分析サービス」10選【前編】
「BigQuery」だけではない GCPのビッグデータ分析サービスの違いは?
Googleは「Google Cloud Platform」(GCP)のサービスとして、ビッグデータ分析サービスを提供している。主要な10種類のうち、「BigQuery」を含む5種類を紹介する。(2019/7/23)

分散ストレージソフト「Ceph」の利点【後編】
「Ceph」を高速化する方法と、Windows環境で使う方法
分散ストレージソフトウェア「Ceph」のパフォーマンスを高めるには、どうすればよいのか。Windows環境でCephを扱う手段とは。簡潔に紹介する。(2019/7/18)

分散ストレージソフト「Ceph」の利点【前編】
分散ストレージソフト「Ceph」とは? 「Swift」「GlusterFS」との違いは
オープンソースの分散ストレージソフトウェア「Ceph」が自社に適しているかどうかを判断するには、何を知っておく必要があるだろうか。他の類似のソフトウェアとCephを比較し、その特徴を明確にする。(2019/7/11)

ITインフラの変遷を振り返る
「コンポーザブルインフラ」は「HCI」と何が違う? 注目される理由は
HCIに続くITインフラのアーキテクチャとして「コンポーザブルインフラ」が登場した。これまでのITインフラの変遷を振り返りつつ、HCIとコンポーザブルインフラの違いについて説明する。(2019/7/10)

オンプレミスに拡張するクラウド【後編】
「Anthos」と「Azure Stack」を比較 2大ハイブリッドクラウド製品の違いは?
主要クラウドベンダーが新たな製品やサービスを発表することで、ハイブリッドクラウドの選択肢が広がっている。本編ではGoogleとMicrosoftが提供するハイブリッドクラウド製品を紹介する。(2019/7/9)

コスト削減効果の他に何を重視すべきか
中小企業が選ぶべき「コスパの良いHCI」の条件とは?
従業員100人以下の中小企業にとって最適なHCIの条件とは何だろうか。その条件と、主要な中小企業向けHCI製品の特徴を紹介する。(2019/7/2)

コンテナセキュリティの基礎知識【後編】
「コンテナ」「オーケストレーター」のセキュリティを脅かす4大脆弱性
コンテナとオーケストレーターを安全に運用する上で、対処すべき代表的な4種類の脆弱性がある。それらの概要と、脅威を軽減する手段を紹介する。(2019/6/28)

コンテナセキュリティの基礎知識【前編】
いまさら聞けない「コンテナ」「オーケストレーター」の仕組みと役割
企業のシステム運用開発における新たな潮流がコンテナだ。コンテナとオーケストレーターの役割を知り、それらにまつわるセキュリティリスクに対処するための備えをしておくことが重要だ。(2019/6/21)

7大「Kubernetes管理ツール」を比較【後編】
Kubernetes管理ツール「Platform9」「OpenShift」「JUKE」の違いは?
マルチクラウドにおけるKubernetesの運用を簡素化する主要な「Kubernetes管理ツール」を紹介。Kubernetesが今後どのような方向性で進化するのかについても考察する。(2019/6/20)

7大「Kubernetes管理ツール」を比較【前編】
Kubernetes管理ツール「NKS」「Cloudify」「Terraform」「Rancher」を比べた
複数のパブリッククラウドやオンプレミスにまたがる「Kubernetes」環境を管理するIT管理者にとって、運用を簡素化する「Kubernetes管理ツール」が役立つだろう。主要ツールの特徴を紹介する。(2019/6/11)

ITが支えた“史上初”のブラックホール観測【後編】
ヘリウム封入HDDを採用、生データは保護しない――ブラックホール初観測の裏側
膨大なデータが発生するブラックホール観測を支えたのは1000台のHDDだった。データの保存や処理、保護のコスト効率を高めるために観測チームが取った手段は、合理的な判断に基づく。(2019/6/4)

ITが支えた“史上初”のブラックホール観測【前編】
ブラックホール初撮影データの保存先に「クラウド」が選ばれなかった理由
ブラックホールを観測するため、世界中に分散する電波望遠鏡が生み出すデータの記録と保存に採用されたのは、クラウドではなく従来型の手法だった。プロジェクトチームが最も合理的だと判断した解とは。(2019/5/29)

クラウドで復活する「DWH」【後編】
アスリート向けSNSのStravaが「クラウドDWH」を導入 選定の鍵は管理の容易さ
再活性化の兆しを見せるDWH市場では、注目すべき新興ベンダーが登場している。その実力はどうなのか。新興ベンダーのクラウドDWHを活用するStravaの導入事例を基に探る。(2019/5/27)

コスト要因とGoogleの狙いを解説
新しいマルチクラウド管理サービス「Google Anthos」を使うといくらかかる?
「Google Anthos」は、「Google Cloud Platform」の新しいマルチクラウド管理サービスだ。Anthosの利用にかかるコストと利用料を見積もるときの落とし穴、Googleの狙いについて解説する。(2019/5/24)

既存システムとの“相性”が鍵
「HCI」選定で必ず確認したい“6つの比較ポイント”
HCIは規模や目的に適した製品を選択すると導入効果を最大化できる。特徴や機能を評価する際の指標となる6つのポイントを紹介する。(2019/5/24)

事例で探るKubernetes管理の勘所【後編】
マネージドKubernetesを使うマインクラフト交流サイト 直面した課題と解決策は?
コンテナ統合管理ツール「Kubernetes」のマネージドサービスを活用するMineteria。ゲーム「Minecraft」関連サービスを手掛ける同社は、成長中の新しいサービスをどう活用しているのか。(2019/5/10)

オープンソースとクラウドプロバイダー(後編)
Redis Labsの2度のライセンス変更はフリーライドを防げるか
クラウドプロバイダーがオープンソースベースのサービスを展開すると、開発企業のサポートビジネスは破綻する。オープンソースビジネスは転換点を迎えているのかもしれない。(2019/4/24)

「NVMeストレージ」の実力を最大限に引き出す【後編】
NVMeストレージの性能向上を阻む4つの課題、その解決策とは?
NVMeベースのストレージでは、ファイルシステムがボトルネックとなり得る。本稿ではそれを防ぐ方法について説明する。(2019/4/19)

古いシステムとのギャップをどう埋める?
Windows Serverのレガシーアプリを「Docker」に移行、製造受託大手が直面した課題は
「Docker」を使い、「Windows Server」のレガシーアプリケーションをモダナイゼーションしようとする企業が直面する課題とは何か。製造受託大手Jabilの事例から探る。(2019/4/19)