2021年05月13日 05時00分 公開
特集/連載

「ノーコード/ローコード開発」がプログラミングの民主化を実現する?「Power Fx」についてMicrosoftに聞く【後編】

「ノーコード/ローコード開発」は、プログラミングをより身近な存在にすることができるのか。Microsoftのノーコード/ローコード開発用プログラミング言語「Microsoft Power Fx」の担当者に聞いた。

[Darryl K. Taft,TechTarget]

 「ノーコード/ローコード開発」は、最小限のソースコード記述によるアプリケーション開発手法だ。Microsoftが発表したノーコード/ローコード開発用プログラミング言語「Microsoft Power Fx」(以下、Power Fx)の特徴や開発のいきさつなどを、同社のローコードアプリケーションプラットフォーム担当コーポレートバイスプレジデントを務めるチャールズ・ラマナ氏が語る。

―― Microsoftの開発者向け戦略においてPower Fxは、アプリケーション開発を専門とするプロフェッショナル開発者と、それ以外の開発者の橋渡しに関して、どのような役割を果たしますか。

ラマナ氏 当社は両者が徐々に歩み寄り、協力し合うと予想する。「開発はチームスポーツだ」というのは社内共通の理念であり、それが未来の姿だと考えている。事業部門に所属するエンドユーザー(ビジネスユーザー)やIT担当者、プロフェッショナル開発者が協力し、連携して1つの活動に取り組む。将来の社内アプリケーション開発はそうした形になるだろう。

ノーコード/ローコード開発で「プログラミングの民主化」実現か

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...