HCIの主要コストがすぐ分かる「TCO計算チェックリスト」HCI(ハイパーコンバージドインフラ)製品の比較に有効

「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)製品の導入を検討する企業は、各製品のTCOを比べると、自社に適した製品を選びやすくなる。TCOを計算するにはどうすればいいのか。まず確認すべきチェックリストを示す。

2021年05月14日 05時00分 公開
[Scott D. LoweTechTarget]

関連キーワード

TCO | 運用管理 | ROI


 企業はIT製品を購入する際、何らかのROI(費用対効果)を求める。ROIを決める要素は「投資によって得る収益」と「投資の総コスト」の2つだ。IT製品の正確なコストを算出するため、企業は一般的にTCO(総所有コスト)という指標を使用する。

 企業の間では現在、サーバやストレージ、ネットワーク機能などを1つの筐体に集約し運用しやすくした「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)製品の導入検討が進んでいる。HCI製品のTCOを考察する。

 TCOの計算方法はさまざまだ。企業によっては、ハードウェア、ソフトウェア、システム運用管理のコストのみを含め、導入に携わった従業員の人件費を計上しないことがある。IT製品導入に携わるか携わらないかを問わず、従業員には給与を支払っているため、IT製品に関するコストには人件費を含めないということだ。

導入検討の企業は見落とせない、「HCI」のTCO計算チェックリスト

 HCI製品のTCOを計算する際、企業はどのような要素を考慮すればよいのだろうか。主要な要素は以下の通りだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。