2021年05月14日 05時00分 公開
特集/連載

HCIの主要コストがすぐ分かる「TCO計算チェックリスト」HCI(ハイパーコンバージドインフラ)製品の比較に有効

「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)製品の導入を検討する企業は、各製品のTCOを比べると、自社に適した製品を選びやすくなる。TCOを計算するにはどうすればいいのか。まず確認すべきチェックリストを示す。

[Scott D. Lowe,TechTarget]

関連キーワード

TCO | 運用管理 | ROI


 企業はIT製品を購入する際、何らかのROI(費用対効果)を求める。ROIを決める要素は「投資によって得る収益」と「投資の総コスト」の2つだ。IT製品の正確なコストを算出するため、企業は一般的にTCO(総所有コスト)という指標を使用する。

 企業の間では現在、サーバやストレージ、ネットワーク機能などを1つの筐体に集約し運用しやすくした「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)製品の導入検討が進んでいる。HCI製品のTCOを考察する。

 TCOの計算方法はさまざまだ。企業によっては、ハードウェア、ソフトウェア、システム運用管理のコストのみを含め、導入に携わった従業員の人件費を計上しないことがある。IT製品導入に携わるか携わらないかを問わず、従業員には給与を支払っているため、IT製品に関するコストには人件費を含めないということだ。

導入検討の企業は見落とせない、「HCI」のTCO計算チェックリスト

 HCI製品のTCOを計算する際、企業はどのような要素を考慮すればよいのだろうか。主要な要素は以下の通りだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...